米国株式市場はダウとS&Pが最高値更新、ハイテク株に買い戻し

ロイター / 2017年6月20日 6時19分

 6月19日、米国株式市場は上昇し、ダウ工業株30種とS&P総合500種は終値で過去最高値を更新した。ニューヨーク連銀のダドリー総裁の発言で米経済への楽観的な見方が広がり、ハイテクなどの成長株に買いが入った。写真はニューヨーク証券取引所、5月撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[19日 ロイター] - 米国株式市場は上昇し、ダウ工業株30種とS&P総合500種は終値で過去最高値を更新した。ニューヨーク連銀のダドリー総裁の発言で米経済への楽観的な見方が広がり、ハイテクなどの成長株に買いが入った。

ダドリー氏は19日、労働市場の改善に伴って物価は賃金とともに上昇するはずだと語り、米連邦準備理事会(FRB)の緩やかな利上げ継続が可能だとの見方を表明。BMOプライベート・バンクのジャック・アブリン最高投資責任者は、ダドリー氏の発言は現在のデータで明らかになっていない経済の基調的な強さに目を向けたものだと投資家が受け止めたようだと指摘し、「FRBの基本シナリオでは今は一時的な軟調局面であり、上向きの流れは続くということだ」と述べた。

これを受けて割高感から週間ベースで2週連続下落していた情報技術株<.SPLRCT>は1.7%上がった。ジャニー・モンゴメリー・スコットのチーフ投資ストラテジスト、マーク・ルシーニ氏は「投資家はハイテク株から一時的に撤退を余儀なくされたが、このセクター内の多くの企業は市場全体として見出すことが難しい成長を提供してくれる」と説明した。

金融株<.SPSY>もダドリー氏の発言を手掛かりに約1%上昇した。

ヘルスケア株<.SPXHC>は最高値を更新。バイオ医薬品のバイオジェンや製薬のクロビス・オンコロジーがけん引役となった。バイオジェンはUBSの投資判断引き上げを受けて3.5%高、クロビスは後期試験で卵巣がん治療薬の適用範囲拡大申請に道を開く結果が示されたため、46.5%急騰した。

また前週末にアマゾン・ドット・コムがホールフーズ・マーケット買収を発表したことも市場心理を明るくした。コザド・アセット・マネジメントのポートフォリオマネジャー、J・ブライアント・エバンス氏によると、アマゾンとホールフーズの案件成立は「合併・買収(M&A)環境が足元でかなり良好だという具体的な証拠」だという。

騰落銘柄比率はニューヨーク証券取引所が1.76対1、ナスダックが2.01対1でいずれも上げが優勢。米取引所の合計出来高は約63億株と、過去20営業日平均の68億株を下回った。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ロイター

トピックスRSS

ランキング