韓国ネイバー株が5%超急落、公取委が独占的地位を乱用と指摘

ロイター / 2019年11月19日 16時5分

19日のソウル株式市場で、韓国の検索サイト運営会社ネイバーが5%以上急落した。写真はネイバーのウェブサイト。2015年10月28日撮影(2019年 ロイター/Thomas White)

[19日 ロイター] - 19日のソウル株式市場で、韓国の検索サイト運営会社ネイバー<035420.KS>が5%以上急落した。同社が独占的地位を乱用していると韓国公正取引委員会(FTC)が判断したとの報道が嫌気されている。

韓国の公共放送KBSは、FTCが17日にネイバーに書簡を送り、ネイバーがサイトで自社サービスを優先的に取り扱い、競合企業を差別していると指摘した報じた。ネイバーがウェブ・ポータル事業における市場シェアを悪用したとFTCは判断したという。

FTCとネイバーのコメントは得られていない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング