景気浮揚へ減税を示唆、消費減税は「考えていない」=麻生財務相

ロイター / 2020年3月19日 11時56分

 3月19日、麻生太郎財務相は閣議後会見で、新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込んだ経済の刺激策として、「いろいろな税があるので、(あり方を)考えていかなければならない」と述べて減税を示唆する一方、「消費税(の減税)は考えているわけではない」と話した。写真は都内で2018年3月撮影(2020年 ロイター/TORU HANAI )

[東京 19日 ロイター] - 麻生太郎財務相は19日の閣議後会見で、新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込んだ経済の刺激策として、「いろいろな税があるので、(あり方を)考えていかなければならない」と述べて減税を示唆する一方、「消費税(の減税)は考えているわけではない」と話した。一部で報じられた現金給付案については「現時点で財務省で検討していることはない」とした。リーマン・ショック後に実施した定額給付金の支給は「あまり効果がなかったのではないか」と語った。

新型ウイルス拡大への政府の対応として、麻生財務相は、感染拡大防止と景気浮揚策の2段階に分けて考える必要があると説明。現時点では、退院者数より発症者数の方が多いように見えるため、感染抑止に主眼を置いているとした。

与党から大規模な経済対策を望む声が上がっているが、麻生財務相は財政再建と景気対策の両立の必要性から「どのくらいの規模、財政出動すべきか今の段階で決めているわけではない。赤字公債が増えることにもなりかねないので、慎重に対応しなければならない」と述べた。

(和田崇彦 編集:内田慎一)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング