英国でのコロナワクチン導入、来春以降の見通し=首席科学顧問

ロイター / 2020年10月20日 7時52分

10月19日、英政府の首席科学顧問、パトリック・バランス氏は国内で新型コロナウイルスのワクチンが幅広く供給されるのは来春以降になるとの見方を示した。写真はワクチンのイメージ写真。4月撮影(2020年 ロイター/Dado Ruvic)

[ロンドン 19日 ロイター] - 英政府の首席科学顧問、パトリック・バランス氏は19日、国内で新型コロナウイルスのワクチンが幅広く供給されるのは来春以降になるとの見方を示した。

バランス氏は議員らに対し「少なくとも来年の春までは、ワクチンが広範に利用できる状況にはなっていないだろう」と述べた。

世界保健機関(WHO)によると、現在世界で44種類のコロナワクチン候補の治験が進行しており、これとは別に154種類が開発中となっている。

英紙サンデー・タイムズはこれまで、英政府に助言する次席医務官が議員らに行った説明として、国民医療制度(NHS)がコロナワクチンをクリスマス後まもなく導入するために準備していると報じた。英製薬大手アストラゼネカ と英オックスフォード大学が共同で開発中のワクチンの後期臨床試験が順調に進んでいるからだという。

しかし、バランス氏は季節的にウイルス対策が難しい冬季にワクチンが供給されるとの期待を時期尚早に高めるべきではないと釘を刺した。

「過剰な約束はしてはいけないと思う。現在の状況について現実的に説明することが非常に重要」と語った。

複数のワクチン候補が早期の治験で免疫反応を引き起こし、抗体をつくる効果を示したのは良いニュースだとした上で「これはワクチン生産に必要な段階ではあるが、答えではない。答えは(最終段階の)第3相試験から得られる」と指摘。「本当に守ってくれるワクチンがあるのかどうかは今後数カ月で分かる」とした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング