1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能

パズル 「アタマにおいしい」って何のこと?

J-CASTニュース / 2008年8月29日 19時42分

写真

食べられそうなくらいのリアルなつくり

   玩具メーカーのビバリーは2008年8月5日から、お寿司をモチーフにした立体パズル「アタマにおいしいパズル・すし」を販売している。

   一見パズルには見えないくらい精巧に作られている。ネタやシャリ、わさびのパーツをばらし、13個のピースを組み合わせて完成させる。マグロと玉子の握りずしをモチーフにした2個セットとなっている。対象年齢は7歳以上。価格は1260円。

   また、「オレンジ」(1575円)、「プリン」(1260円)バージョンも販売中だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング