TranSwitch、世界最速の高画質ビデオパネルインターフェース・ソリューション、HDwire(TM)を発表

JCN Newswire / 2012年1月10日 10時52分

SHELTON, CT, Jan 10, 2012 - (JCN Newswire) - 急成長中のコンシューマ・エレクトロニクスおよび電気通信市場で半導体ソリューションを提供している大手企業のTranSwitch Corporation (NASDAQ: TXCC)は、HDwire(TM)ビデオインターフェース・ソリューションを本日発表しました。同社のHDwire(TM)ビデオインターフェース・ソリューションは、業界最速のビデオインターフェースを提供し、現行および次世代の高画質(HD)ビデオディスプレイをサポートしています。超高速のHDwire(TM)パネルインターフェースにより、消費電力や設計コストを削減しながら、可能な限り最高品質のコンピュータとTVディスプレイ解像度に対応した信頼性の高い鮮明な映像が、実現されています。TranSwitchは、まず、HDwire(TM)をライセンス方式の知的財産(IP)コアとして提供し、将来的にICとして提供する計画です。

現行世代のLow-Voltage Differential Signaling (LVDS) TV内部インターフェースは、比較的低速で作動し、映像信号を映像プロセッサからディスプレスパネルコントローラに送るために、数多くのワイヤの入ったケーブルを必要とします。LCD/LEDパネルは、新製品が出るたびに、サイズ、解像度、リフレッシュ・レート、色深度が次々と増大しており、必要なLVDSケーブルの数も増加を続けているため、TVやコンピュータモニタのコストと複雑性を高める原因になっています。TranSwitch HDwire(TM)トランシーバは、複数の高価なケーブルやコネクタを必要とせずに、新型ディスプレイのニーズにも対応するように設計されています。

「超高速ビデオの相互接続規格の分野での多大な経験と、大手家電メーカーとの緊密な関係を活かして、TranSwitchは、時代遅れのLVDS技術を置き換える業界最速のビデオインターフェース・ソリューションを開発しました。TranSwitch HDwire(TM)ソリューションでは、リンクあたり5Gbpsのパフォーマンスと、拡張可能性を提供していますので、高画質(HD)および超高画質(UHD)パネルのケーブルコストを、他のソリューションと比べて大幅に削減します。」と、TranSwitchハイ・スピード・インターコネクト製品事業本部長兼SVPのAmir Bar-Nivは述べました。「超高画質(UHD)コンテンツの台頭に合せて、メーカーは、超高DPI (dots-per-inch)モニタとテレビディスプレイを開発するための、非常に高速なHDwire(TM)ビデオインターフェースを活用できます。DPIの増大により、これらのディスプレイは、かつてないほど鮮明で美しい映像を提供できるようになります。」

DisplaySearchが四半期ごとに発表しているTV設計および機能レポートによれば、2014年には約2.7億台のデジタルTVと、2.2億台のコンピュータモニタが出荷されると推定されています。また、4K x 2K (1080p以上)の解像度の新型フラットパネルTVが、2012年から生産開始される予定です。現在、TVおよびモニターOEMは、LVDS技術から次の段階へ進みつつありますので、HDwire(TM)の発表により、TranSwitchは、新たに非常な大きな市場と成長機会を得ることができるでしょう。高画質パネルインターフェース・ソリューションの市場は、2014年までに2.5億米ドル以上の規模となると推定されています。

TranSwitchの新型HDwire(TM)ソリューションは、最大12レーン、リンクスピード5.0 Gbpsを提供し、4K x 2Kおよび8K x 4Kの両方の解像度をサポートする完全統合トランシーバです。

TranSwitch HDwire(TM)ビデオインターフェース・ソリューションの主な機能:

- 現行および将来の解像度をサポートする業界最高のパフォーマンス
-- 最大12のフォワード・データレーンまで拡張可能な構成
-- レーンあたり5.0Gbpsのリンク・スピード
-- 120 Hzで4K x 2K、8K x 4Kのディスプレイのサポート
-- タッチパネル、カメラ、オーディオおよび他のデータの伝送のための、オプションのリバース・レーン
-- 省電力

- 信頼性の高い鮮明な映像を提供する世界最高品質の接続
-- 低電磁場インターフェース(EMI)設計
-- FR4 FPCB、FFCフラットケーブルおよびUTP (Unshielded Twist Pair)ワイヤのサポート
-- システム設計コストの削減

さらに詳しい情報については、 www.transwitch.com をご覧ください。TranSwitchはまた、2012年1月10~13日の2012 International CESの会期中に、自社専用スイートで予約に応じてデモを提供します。ラスベガス・ヒルトンのスイート1269号室でのプライベート・デモのご予約は、メール(txc-at-ces@transwitch.com)または電話(+1-510-771-3425)でお問い合わせください。

TranSwitch Corporationについて

TranSwitch Corporation (NASDAQ: TXCC)は、ネットワーク、企業および加入者宅内機器向けの、音声・データ・動画通信設備のコア機能を提供する革新的な半導体および知的財産(IP)ソリューションの設計・開発・供給をしています。設立は1988年で、本社は米国コネチカット州シェルトンにあります。同社は、固定、3Gおよび4Gモバイル、VoIP、マルチメディアインフラ向けの、統合マルチコアネットワークプロセッサSoC (system-on-chip)ソリューションとソフトウェアソリューションを提供しています。加入者宅内市場向けに、同社では、さまざまな機器にクラス最高のパフォーマンスを提供する通信プロセッサファミリと、コンシューマエレクトロニクスとパソコン市場向けに、高画質(HD)コンテンツの信頼性の高い配信と表示を可能にする相互運用可能接続ソリューションを提供しています。弊社の知的財産(IP)製品は、HDMIやDisplayPortなどのグローバルな工業規格に準拠しており、自社独自技術のHDP(TM)やAnyCable(TM)も搭載しています。さらに詳しい情報については、www.transwitch.com をご覧ください。

セーフハーバー条項に関する記述

このプレスリリースには、は、1995年の米国私募証券訴訟改革法の意義の範囲内で、将来予想に関する記述(Forward-looking statement)が含まれています。すべての将来予想に関する記述は、特定のリスク、不確実性および仮定の対象になります。これらのリスクと不確実性には、同社が事業を行っている業界の市場状況の変化などがありますが、それらの詳細は、米国証券取引委員会に提出されたTranSwitchの年次および四半期報告書に記載されています。このようなリスクまたは不確実性の一つが現実のものとなった場合、または仮説が正しくないと判明した場合、実際の結果は、現在予測されているものと大幅に異なることがあります。

メディアお問い合わせ先
Brian Ribeiro
Mspire Group
電話:+1 908.369.9300 X100
bribeiro@mspiregroup.com

コーポレートお問い合わせ先
Charlotte Chiang
TranSwitch Corp.
電話:+1 203.929.8810
charlotte.chiang@transwitch.com

投資家向け広報
Mary Lombardo
TranSwitch Corp.
電話:+1 203.929.8810
mary.lombardo@transwitch.com

TranSwitch Corporation





Source: TranSwitch CorporationCopyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング