Ci&Tが日本精工株式会社(NSK)と北米・中南米拠点向けのグローバルエンタープライズシステムの統合を完了

JCN Newswire / 2012年2月7日 11時21分

KING OF PRUSSIA, PA, Feb 7, 2012 - (JCN Newswire) - テクノロジーアウトソーシングとソフトウェアプロダクトエンジニアリングを提供するCi&Tは、NSK Americas, Inc. (本社:ミシガン州アナーバー) 向けの新しいサプライチェーンアプリケーション開発が完了したことを本日発表しました。アジャイルとリーンITを融合した開発プロセスを採用しているCi&Tは、新システムが達成すべきビジネス上の目標を定めた後、開発に着手。全てのビジネス要件を網羅する新システムを計画通り実現しました。

世界屈指のボールベアリングメーカーであるNSKは、約40年前に日本を対象にした販売管理システムを構築し、日々改善しながら現在も使用しています。その販売システムのコンセプトを活かしながらも、グローバルなサプライチェーン管理を標準化するため、新システムとしてグローバル共通システムを日本で構築し、各地域に展開しています。その中で、北米・南米地域に必要な追加機能をCi&T の協力の下に構築しました。

プロジェクトの遂行にあたってCi&Tが選定されると同時に、両社はプロジェクトの範囲についてプランニングを開始。プロジェクトのタスクは合計311項目にも及び、48の要素に分類され、各国独自の仕様にカスタマイズされました。Ci&TはリーンITの基本原則であるバリューエンジニアリングを実践し、NSKのビジネスにどれだけの価値をもたらすか、という観点から新しい機能を分析し、優先順位を付け、実装していきました。このシステムは2012年1月にブラジルにて運用を開始。今後はカナダと米国本体への導入を予定しています。

「Ci&Tはこのプロジェクトで何が重要なのかをしっかりと把握していました。その結果、提案していただいたソリューションによって弊社のプロセスは大幅に簡素化され、各種タスクにかかるレスポンス時間が25%も減少したのです」NSK Americasのインフォメーション・システムズ・アンド・テクノロジー・ディレクターのランディー・ポマービル氏は話しています。「今後、残りのNSK拠点でもこのシステムが稼働すれば、さらなるメリットが期待できます」

プロジェクトの一環として、100名以上のNSK社員が、新システム下で標準化された60以上のビジネスプロセスを学ぶトレーニングに参加。開発中のトレーニングは延700時間以上にも及びました。イノベーションを奨励し、無駄を最小限にとどめながら継続的に価値を創出していくCi&TのリーンITアプローチはNSK Americasのビジネスと企業文化にも大きな影響を与えたのです。

「プロジェクト遂行にあたってCi&Tが提案したリーンITとアジャイル開発手法は高度に組織化されていたので、我が社にとってプラスになるんだ、という安心感を得ることができました」とポマービル氏は話しています。「結果として、我が社でもリーンITを導入し始めたのです。これはCi&Tが残してくれた最も素晴らしいものの1つです」

「NSK AmericasはリーンITのメリットを目の当たりにし、既に多くの恩恵を得ています。」Ci&Tアジア・パシフィック地域のビジネス・ディレクターである上田善行は話しています。「このプロジェクトの成功は、単なる開発アプローチという意味を超え、企業文化に前向きな変化をもたらすというリーンの力を証明しています。

NSK Americas

東京に本社を構えるNSKグループの一員。世界屈指のベアリングメーカーとして、10万を超える種類のベアリング、リニアガイド、自動車関連製品を製造販売している。

アメリカ合衆国では戦略的に販売拠点を配置し、商品を流通させている。販売拠点のネットワークは、製品ノウハウと在庫と物流システムを有し、NSKの販売部門、技術部門と連携しながら、正確かつスピーディーに産業界のニーズを満たしている。詳細はホームページ( http://www.nskamericas.com )参照。

Ci&T

アジャイル開発とリーンITを採用し、中国、ブラジル、アルゼンチンの開発センターから、アプリケーションアウトソーシング、ソフトウェアプロダクトエンジニアリング、デジタルマーケティングなどのサービスを提供。積極的にイノベーションを推進することで、無駄削減と価値創出の新たな方法を次々に見出し、顧客のコスト削減、品質・スピード・ビジネス即応性の向上に貢献している。世界各地(東京、上海、寧波、フィラデルフィア、アトランタ、ニュージャージー、ニューヨーク、ロンドン、ブラジル)に拠点を持ち、あらゆる規模の企業にグローバルなサービスを提供。詳細は、ホームページ( www.ciandt.com )参照。

プレス問い合わせ先
シーアイアンドティー・パシフィック株式会社
〒105-0014 東京都港区芝2-2-14一星芝ビルディング6階
03‐3769-0652
infojapan@ciandt.com



Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング