Rockstar Consortium、米国司法省からゴーサインを得る

JCN Newswire / 2012年3月14日 15時54分

OTTAWA, ONTARIO, Mar 14, 2012 - (JCN Newswire) - Rockstar Consortium (Rockstar)は、Rockstarによる元Nortel Networksの特許ポートフォリオの大半の買収に関して、米国司法省のレビューの待機期間が満了し、同社は、自由に買収を完了できるようになりました。ポートフォリオは、ネットワーキング、通信、インターネット技術などの様々な分野に関する約4,000件の特許資産で構成されています。

これらの特許資産は、昨夏、アップル、マイクロソフト、RIM、エリクソン、ソニーなどから構成されるRockstar Consortiumが、破産状態のNortelのポートフォリオを買収するため、45億米ドルを投資した記録破りのオークションの、大きな部分を占めています。Nortelは、100年以上の歴史のある電気通信およびネットワーキングの先駆的企業で、過去数十年で、何百億米ドル単位の研究開発投資を通じて、ポートフォリオを開発しています。待機期間の満了後、Rockstarは、知的財産を利用している企業との、ライセンス契約を結ぶ計画を実行する予定です。

Rockstar最高経営責任者のJohn Veschiで、Nortelの元最高IP責任者は、次のように述べました。「弊社は、このレビュープロセスを完了し、Rockstarの技術にアクセスを提供するために、技術関連企業と協業することを楽しみにしています。業界全体は、Nortelの画期的なイノベーションにより恩恵を受けますので、技術の継続使用に向けたライセンスの確立のために、ぜひ協業したいと考えています。」

Rockstar

Rockstar Consortium US LPおよびRockstar Consortium Inc. (the Rockstar Companies)は、アップル、マイクロソフト、RIM、エリクソン、およびソニーに共同所有されています。Rockstarポートフォリオは、所有企業各社の代理人によりチャーター方式で管理されています。

お問い合わせ先:
Rockstar Consortium
Vicki Carver
業務責任者
+1-613-576-1020
info@ip-rockstar.com
www.ip-rockstar.com



Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング