Payvision、アジアにプレゼンスを拡大

JCN Newswire / 2012年3月15日 11時59分

AMSTERDAM, THE NETHERLANDS, Mar 15, 2012 - (JCN Newswire) - Payvisionは、マカオのBanco Weng Hang S.A.と提携することにより、アジア大陸にプレゼンスを拡大します。2011年にPayvisionは、香港の商業地区に事務所を開設しました。Payvisionは、最近75周年を迎えたばかりのWHB Ltd.との堅固な提携を通じて、革新的なカード決済ソリューションを成功裏に提供しています。

Payvisionのアジア太平洋地域担当VPのWilly Kwa Kok Lengは、経験豊富な販売スタッフとともに、信頼が成功のカギとなる地域で、信頼の高いアドバイザーとして活動してきました。急成長の見込まれている市場で、専門知識と知見の共有を、複雑なグローバルカード処理に関して行い、ビジネス関係の構築を進めることは、非常に重要です。

CEPAの開設以来、香港と中国本土間のe-コマースは、非常に成長しています。マカオでは、IPIMによりe-コマースのプロモーションと子会社化が行われています。香港およびマカオの成長率の高さは、輝かしい未来を約束しています。

「Payvisionは、マカオのBanco Weng Hang S.A.と提携することを、光栄に感じています。このように評価の高いアクアイアラと協業して、弊社は、すべてのBIN Sponsorshipなどの信頼性の高い革新的なカード処理ソリューションを、お客様に提供することができます。Payvisionは、BWH S.A.との提携により、世界でももっとも成長の速い市場で、さらなる成長を遂げ、互いに成功を収めることでしょう。」と、Payvision CEOのRudolf Bookerは述べています。

「マカオに弊社のグローバルカード決済サービスを拡張することを、光栄に感じています。マカオは、旅行やエンターテイメントおよびMICEの行先として優れており、アジア太平洋地域で急成長しているe-コマース市場で多大な機会を示唆しています。」と、Payvisionアジア太平洋地域販売担当VPのWilly Kwa Kok Lengは述べました。

「Payvisionの経験と革新的技術を活用することで、Banco Weng Hang S.A.では、新たな協業を通じて、弊社のe-コマースサービスの成長スピードを速め、お客様により高いレベルのビジネスを提供すると確信しています。」と、Banco Weng Hang, S.A.副本部長Cynthia Lamは述べました。

Payvisionについて

Payvisionは、e-コマース市場向けグローバルカード処理専門の独立系決済ソリューションプロバイダで、承継銀行、PSP、ISO、加盟店に、革新的技術により拡張された安全なPCI準拠のPSDライセンス付き国際決済処理プラットフォームを提供しています。Payvisionは、お客様に年中無休の24時間サポート、150以上の取引通貨、地域のカード決済通貨、ハイエンドの報告書インターフェース、堅牢なリスク管理ソリューションなどを提供しています。2002年に設立されたPayvisionの本社はアムステルダムにあり、米国ニューヨーク州、ユタ州、スペインのマドリード、フランス、シンガポール、香港、マカオなど40か国以上にグローバルサービスを展開しています。さらに詳しい情報については、 www.payvision.com をご覧ください。
 
お問い合わせ先:
Payvision
Willy Kwa Kok Leng
販売担当VP
+65 9853 1893
w.kwa@payvision.com

メディアお問い合わせ先:
Payvision
press@payvision.com
www.payvision.com



Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング