Bombardier、CRJ900 NextGen旅客機2機をRwandAirに販売

JCN Newswire / 2012年3月21日 13時51分

TORONTO, ONTARIO, Mar 21, 2012 - (JCN Newswire) - Bombardier Aerospace社と、ルワンダのキガリにあるRwandAirが、CRJ900 NextGenリージョナル・ジェット2機をBombardierから購入する契約に署名したことを、本日発表しました。取引には、追加CRJ900 NextGen航空機2機のオプションも含まれます。RwandAirは、東アフリカでは初のCRJ900航空機の運航業者となります。

CRJ900 NextGen旅客機の定価を基準にして計算すると、正式発注額は約8900万米ドルとなります。2機のオプションが実施されると、契約額は1.85億米ドルに増大します。

「弊社の保有する50座席のCRJ200航空機2機は、非常によい性能を発揮しており、弊社が求める定員数のより多い航空機という点で、弊社の事業の成長に役立ってきました。」と、RwandAir最高経営責任者のJohn Mirenge氏は述べました。「弊社のCRJ200航空機の経験に基づいて、デュアルクラスの75座席のCRJ900 NextGen航空機にアップグレードすることは、論理的な帰結です。CRJ900 NextGen航空機はまた、他のCRJ航空機にも共通する非常に高い信頼性を提供しています。これらの航空機は、ビジネスクラス7座席とエコノミークラス68座席で構成される予定です。

「弊社のCRJ900 NextGen航空機採用に寄与した他の主要因には、Bombardierの顧客サポートオファリングおよび協業などがあります。」と、Mirengeは付け加えました。

「CRJ900 NextGenリージョナル・ジェットを採用することにより、RwandAirは、クラス最高の経済性を誇る航空機を入手することになります。」と、Bombardier Commercial Aircraft社長のMike Arcamoneは述べました。「RwandAirがリージョナル市場間の路線提供を実現するには、同機は理想的なサイズです。これらの路線の規模は、同機より小型の航空機では大きくなり過ぎていますが、RwandAirの保有するもっと大型の機種では、効率的な運航をするには小さすぎます。」

RwandAirのハブのキガリから運航する機材には、もっと大型のジェット航空機や、Bombardier CRJ200リージョナル・ジェット2機およびBombardier Dash 8-200ターボプロップ1機があります。同社では、東アフリカ共同体諸国の大半の首都の間を、毎日運航しています。また、ヨハネスブルク、ブラザビル、リーブルビルおよびドバイにも運航しています。

現在200機以上のBombardierリージョナル・ジェットおよびターボプロップ機が、中東およびアフリカの約50社の航空会社により、運航中または正式発注中です。Bombardierの2011年~2030年の商用航空機市場予測によれば、中東およびアフリカのBombardier商用航空機の機材は成長を続ける見込みで、同地域では予測期間中、20~149座席市場分野で約1,000機が納機される予定です。

RwandAirからの発注分を含めると、2011年12月31日時点でBombardierは、CRJ Series航空機1,717機の正式発注数を記録しており(うち268機はCRJ900およびCRJ900 NextGen航空機)、そのうち1,661機が納機されています。

CRJ900 NextGen航空機について

CRJ Seriesファミリーの他の機種と同様に、CRJ900 NextGenリージョナル・ジェットは、軽量で先進的な空気力学を活用しているため、同じクラスの他の航空機より効率が高く、運航コストが低くなっています。CRJ900航空機の発表以来、ウィングレットの大型化などの拡張を重ねて、CRJ900 NextGenリージョナルジェットの空港での性能や、燃料効率は非常に優れたものとなっています。CRJ900 NextGen航空機の新しい内装には、より大きくなった頭上収納棚、大きな窓、改善された照明、再設計された天井パネルと側壁などの特長があります。

全世界でCRJ Series航空機は航空会社60社により運航されており、飛行時間は3200万時間以上、離発着サイクルは2700万回以上が記録されています。航空会社で運航されているだけでなく、30社以上のお客様が、コーポレートタイプのCRJ Series 航空機を運航しています。

RwandAirについて

RwandAirは、ルワンダ共和国のナショナル・フラグ・キャリアです。同社はキガリをハブとして運航しており、お客様にとって快適で安全な最新の機内アメニティを備えたジェット機およびターボプロップ機からなる超最新型機材を誇っています。

同社は、東アフリカ共同体諸国すべての首都や、キリマンジャロやモンバサなどへ直行便を運航しています。また、南アフリカのヨハネスブルク、中東のドバイ、コンゴ共和国のブラザビル、ガボンのリーブルビルなどへの路線もあります。同社では、国内の2大観光スポットであるギセニおよびカメンベへ、毎日フライトを運航しています。

同社は、SN Brussels (キガリ~ブリュッセル間)、Ethiopian Airlines (キガリ~アジスアベバ間)、およびPrecisionAirとコードシェア便契約を結んでいます。他にも、地域内および全世界の他の航空会社と乗り継ぎ契約を結んでいます。

同社のミッションは「高い投資回収率を確保しながら、ルワンダを世界各国と戦略的につなぐ安全で信頼性の高い卓越した航空輸送サービスを提供すること」です。同社のビジョンは、「弊社がサービスを提供している市場で、迷わず選ばれる航空会社となること」です。同社のコミットメントは、そのコアバリューの一環として、企業活動の全分野においてすべての点で、卓越性を追求し続けることです。同社では、もっとも価値のあるアセットはスタッフであることを認識しており、透明性、一見性、チームワークなどの文化の醸成に力を注いでいます。

Bombardierについて

同社は革新的な輸送ソリューション分野で世界をリードするメーカーであり、そのソリューションはリージョナル航空機やビジネスジェットから、鉄道輸送設備やシステムおよびサービスにわたっています。Bombardier社はカナダに本社を置くグローバル企業です。2011年12月31日締めの会計年度総収益は183ドルで、その株式はトロント証券取引所で取引されています(BBD)。Bombardier社は、Dow Jones Sustainability WorldおよびNorth Americaインデックスの、インデックス構成銘柄として上場しています。ニュースと情報は www.bombardier.com からご覧いただくか、Twitter @Bombardierをフォローしてください。

編集者向け注記
RwandAirのCRJ900 NextGen航空機の画像は、次のサイトのプレスリリースセクションにあります: www.bombardier.com
ニュースリリース、製品ファクトシート、バックグラウンダー、動画、写真、弊社ソーシャルディアチャネルへのリンクなどについては、Bombardier Commercial Aircraftの「one-stop」ニュースセンター ( http://Press.CommercialAircraft.Bombardier.com )をご覧ください。
Bombardier Aerospace社からの最新ニュースと情報はTwitterで@Bombardier_Aeroをフォローしてください。
Twitterのフォローは@RwandAir1からできます。
Bombardier、Dash 8、CRJ、CRJ200、CRJ900およびは、Bombardier社とその子会社の登録商標です。

お問い合わせ先:
Marc Duchesne
Bombardier Commercial Aircraft
+1-416-375-3030
marc.duchesne@aero.bombardier.com
www.bombardier.com

Michael Otieno
RwandAir企業広報
+250-788-177-000
michael.otieno@rwandair.com
www.rwandair.com

Bombardier



RwandAir





Source: BombardierCopyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング