パナソニック、ハーバード大学と共同で帯電微粒子水による細菌抑制メカニズムの可視化を実現

JCN Newswire / 2012年3月29日 17時12分

Osaka, Mar 29, 2012 - (JCN Newswire) - パナソニック株式会社は、ハーバード大学 公衆衛生大学院 環境衛生ナノサイエンス研究所(※1)(所長 Philip Demokriyou博士)と共同で、水に高電圧を加えることで生成されるナノサイズの帯電微粒子水(※2)「ナノイー」の曝露による細菌抑制のメカニズムの可視化を実現し、エアロゾル研究(日本エアロゾル学会誌)にて発表しました。(※3)

これまで、帯電微粒子水「ナノイー」の作用として、衣類・カーテンに付着したニオイの脱臭効果やウイルス、細菌、真菌、花粉・ダニのアレル物質の抑制効果を実証してきましたが、新たに抑制効果のメカニズムを解明するため、細菌の一種であるセラチア菌を用いて形態観察を実施しました。セラチア菌は自然界の土や水の中、および動物や人の腸の中などに存在しています。院内感染症や日和見感染症を引き起こす原因菌で、病原性は低いものの重大な院内感染事例も報告されています。(※4、5)

今回パナソニック株式会社では、帯電微粒子水「ナノイー」によるセラチア菌への抑制効果を検証するとともに、透過型電子顕微鏡(TEM)での形態観察で、セラチア菌の細胞膜の著しい損傷を確認しました。この結果から、帯電微粒子水「ナノイー」による細菌抑制のメカニズムは、細胞膜の損傷であると考えられます。

■検証対象と検証協力先
- Serratia marcescens(セラチア マルセッセンス):細菌
- ハーバード大学 公衆衛生大学院 環境衛生ナノサイエンス研究所
(所長 Philip Demokriyou博士)

■帯電微粒子水「ナノイー」の発生原理
霧化電極をペルチェ素子で冷却し、霧化電極に空気中の水蒸気を結露させて水をつくり、霧化電極と対向電極間に高電圧を印加することで、約5~20nm(ナノメートル)の大きさの帯電微粒子水「ナノイー」が発生

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn120329-7/jn120329-7.html

※1:ハーバード大学 公衆衛生大学院 環境衛生ナノサイエンス研究所
http://www.hsph.harvard.edu/nano/
※2:水に高電圧を加えることで生成されるナノサイズの帯電した水微粒子
http://panasonic.co.jp/company/r-and-d/technology/nanoe/index.html
※3:エアロゾル研究(日本エアロゾル学会誌)Vol27 No1 pp.78-80(2012)
※4:横浜市衛生研究所 セラチア菌による院内感染、日和見感染について
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/eiken/idsc/disease/serratia1.html
※5:医科細菌学改訂第4版 南江堂 p245、p363

パナソニック株式会社

パナソニックは、部品から家庭用電子機器、電化製品、FA 機器、情報通信機器、および住宅関連機器等に至るまでの生産、販売、サービスを行う総合エレクトロニクスメーカーです。

パナソニックは、2018 年の創業100 周年に向けて、エレクトロニクスNo.1 の「環境革新企業」を目指します。全事業活動の基軸に「環境」を置き、世界中の次の世代の人たちのために、全世界で起こりつつある「グリーン革命」を、先頭に立って推進してまいります。

当社に関するさらなる情報は、 http://panasonic.co.jp をご覧下さい。



Source: パナソニック株式会社

Contact:

アプライアンス社 技術本部 HA開発センター
TEL:06-6908-1131(大代表)
受付(平日のみ9:00~17:30)
Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング