シャープ、世界初の酸化物半導体を採用した液晶パネルの生産を開始

JCN Newswire / 2012年4月13日 17時4分

Osaka, Apr 13, 2012 - (JCN Newswire) - シャープは、世界で初めて※1、酸化物半導体(IGZO※2)を採用※3した高性能な液晶パネルの生産を、亀山第2工場で3月より開始し、4月から本格的な生産に移行します。

亀山第2工場は、2006年8月より稼動し、最先端のテレビ用液晶パネルを生産してまいりました。一方で世界的に需要が急拡大しているモバイル機器向けの中小型液晶パネルの生産体制の構築を図るべく、当工場の既存ラインの改造を進めてまいりました。

このたび生産を開始した液晶パネルは、新材料である酸化物半導体(IGZO)の採用により、従来に比べて薄膜トランジスタの小型化が図れ、1画素あたりの光の透過量を高めることができるので低消費電力化が可能です。また、液晶テレビAQUOSで採用されているUV2A※4技術で培った光配向技術の活用により、高品位表示を実現します。

モバイル機器向けに加え、今後需要が見込まれる高精細ノートPCや液晶モニターなどの幅広いアプリケーション向けにも高精細液晶パネルを供給し、新しい商品市場の創造に貢献してまいります。


■IGZOを採用した液晶パネルの仕様(サンプル)

液晶モニター向け

画面サイズ: 32型
画素数: 3,840×2,160
画素密度: 140ppi

高精細ノートPC向け

画面サイズ: 10型
画素数: 2,560×1,600
画素密度: 300ppi

タブレット向け

画面サイズ: 7型
画素数: 800×1,280
画素密度: 217ppi

※1 2012年4月13日現在、当社調べ
※2 In(インジウム)、Ga(ガリウム)、Zn(亜鉛)から構成される酸化物
※3 酸化物半導体(IGZO)を用いた薄膜トランジスタを、株式会社 半導体エネルギー研究所(本社:神奈川県厚木市、代表取締役社長:山﨑舜平)と共同開発
※4 Ultraviolet induced multi-domain Vertical Alignmentの略。シンプルなパネル構造で、液晶分子の向きを精密に制御できる光配向技術

100周年記念サイト: http://www.sharp.co.jp/100th/

シャープ株式会社

詳細は www.sharp.co.jp をご覧ください。



Source: シャープ株式会社Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング