マイクレル社、MEMS顧客からのパフォーマンス評価で98%の成績を獲得

JCN Newswire / 2012年4月20日 14時18分

Yokohama, Apr 20, 2012 - (JCN Newswire) - 米アナログ、広帯域通信、イーサネットICソリューションの業界のリーダーである米国マイクレル・セミコンダクタ社の日本法人マイクレル・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(以下:マイクレル社、横浜市西区みなとみらい 代表取締役社長:山本一博)は、ある大手グローバルMEMS (Micro Electro Mechanical Systems)設計・製造会社に提供したサービスとマテリアルについて、2011年第4四半期のレポートで、パフォーマンス評価点の98%を満たす成績となった。 マイクレル社のMEMS半導体工場は、このお客様のためにセンサの大量生産を行っている。このお客様は、先進MEMSデバイスと技術を活用したさまざまなセンサおよびセンサベースのシステムを提供しており、グローバルMEMSデバイスメーカーのトップ20社にランク入りしている。

この四半期レポートは、マイクレル社が同社に提供しているサービスとマテリアルの改善促進のために作成された。評価基準の内訳は、返品(30%)、納期順守(30%)、品質(20%)、品質イベント(20%)。これは、マイクレル社が、2011年11月に米国カリフォルニア州サンノゼを拠点としたウエハと半導体製造事業で、MEMS製造の規模を拡大して以来、この一流MEMSサプライヤから受けた、2度目のスコアカードになる。

MEMS生産拡大準備のため、マイクレル社では、数百万ドルの資本提供、3D FTBA (front-to-back alignment)対応体制の開始、最先端DRIEエッチマシンの購入などをコミットしている。このシステムは、非常に深いトレンチやSi貫通電極(TSV)の他、今日の先進MEMS製品に必要な非常に大きなキャビティなどの正確なエッチングを行う。マイクレル社は、米国でMEMS生産体制を提供する数少ない6インチファブのひとつである。

「MEMS生産を開始したばかりですが、弊社はこのような業績を収めたことを、喜ばしく感じている。」と、マイクレル社ワールドワイド事業およびファウンドリ事業部担当部長のGuy Gandenberger氏は述べた。「さらに、弊社の前回の評価は97%だったので、この分野で改善をできたことも、嬉しく思う。弊社では、全力で100%を目指しており、お客様に世界トップレベルというだけでなく、業界最高のサービスを提供するという目標に向けて、積極的に取り組み続けていく。嬉しいことに弊社は現在、複数社のMEMS顧客と取引しており、マイクレル社をMEMS半導体製造分野をリードする企業とするために、生産量とリソースの拡大を行ってきた。」

「自社工場を持つことで、製造工程のすべての要素で制御性と柔軟性が高まり、ひとつの施設内で、CMOSとMEMSデバイス全体について、非常にカスタマイズされたサービスを提供できるようになった。これにより、お客様が工程効率の向上や、所有費削減などのメリットを実現できるよう、製造工程のベンダ数を減らし、設計、製造、テストなどのワークフロー全体を最適化する支援ができる。」と、マイクレル社社長兼CEOのRay Zinn氏は述べた。「弊社では、経験豊富な工場スタッフと、最新の設備の配置に、多大な投資をした。この投資は、今回のお客様からの素晴らしい評価に、結びついている。」

MEMSは、半導体チップの上に作られる機械装置で、半導体工場内の設備の活用が可能。高度に専門化された専用デバイスであり、圧力、温度、化学および振動センサ、反射板、スイッチの他、エアバッグ、自動車制御、ペースメーカー、ゲームなどのための加速度計などに使用されている。この技術はまた、インクジェットプリンタのヘッド、読み取り/書き込みヘッド用マイクロアクチュエータ、光ビームを反射する全光学スイッチなどにも使用されている。

マイクレル社の確立されたウエハ製造部門では、ICおよびMEMSの半導体製造サービスを、特殊な機器または技術ニーズと互換性のある製品ソリューションを求めている商用および軍用IC設計者や全メーカに提供している。マイクレル社の半導体工場では、短期や大量生産などの独自の要件に対応した柔軟な各種ウエハ製造および加工リソースを提供している。

工場では環境マネジメントシステムの国際規格、ISO14001:1996の認定を取得している。この環境マネジメントシステムでは、規制への確実な対応や、ごみの削減やリサイクルを通じた環境への影響の低減を目指している。

マイクレル・セミコンダクタについて

マイクレル社はグローバルな半導体サプライヤとして、アナログ、イーサネット、広帯域通信に使用されるICソリューションを世界市場に提供している。同社製品には最先端のミクスドシグナル製品、アナログ製品、パワー半導体、高性能通信用スイッチ、クロック管理スイッチ、イーサネット・スイッチおよびPHY製品がある。ユーザにはエンタープライズ、民生、工業、モバイル、通信、自動車、コンピュータ製品などの有力メーカが含まれる。本社と最先端のウエハ製造設備は米国カリフォルニア州サンノゼにあり、米州、欧州、アジア全域に地域販売代理店とカスタマーサポートの拠点、先端テクノロジのデザインセンタがある。さらにマイクレル社は世界に広範な流通販売網と代表事務所を保持している。詳しい情報は http://www.micrel.jp/ から入手可能。

<お問い合わせ先>
マイクレル・セミコンダクタ・ジャパン株式会社
〒220-6014 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-1 クイーンズタワーA 14F
TEL: 045-224-6616
FAX: 045-224-6716
E-mail: info14@micrel.co.jp
ホームページ: http://www.micrel.jp

マイクレル・セミコンダクタ





Source: マイクレル・セミコンダクタCopyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング