OKI、「社会・環境レポート2012」を発行

JCN Newswire / 2012年6月28日 11時31分

Tokyo, June 28, 2012 - (JCN Newswire) - OKIは、このたび2011年度におけるCSR(企業の社会的責任)活動をまとめた「社会・環境レポート2012」を発行しました。OKIグループが果たすCSRをステークホルダーの皆様にわかりやすくお伝えし、ご理解をいただくことを目的に、社会的な取り組みと環境への取り組み、およびそれらの成果を掲載しています。本日正午よりOKIインターネットホームページ上にてPDF版を公開し、冊子の配布は7月末に開始する予定です。

OKIは、1999年より発行してきた「環境報告書」、および2005年より発行してきた「社会的責任レポート」の2つの年次報告書を統合し、2009年より「社会・環境レポート」を発行しています。冊子は重点的に推進する7つのCSR活動領域に沿った構成とし、報告年度における各領域の注力ポイントとその達成状況を中心に記載することで、活動の進捗状況をコンパクトにわかりやすくお伝えするよう努めています。またウェブサイトには、関連情報として各領域に関わる方針や体制、詳細情報を掲載しているほか、社会的責任に関する国際規格「ISO26000」の中核主題とOKIグループの活動の対照表も掲載しています。

巻頭の特集「OKIグループのCSRのかたち」においては、このたび策定した「OKIグループ環境ビジョン2020」をはじめ、ステークホルダーの皆様や社会の関心が高く、かつOKIグループにとって重要な4つのテーマを抽出し、その取り組みを紹介しました。

OKIは、本レポートの掲載内容に対するステークホルダーの皆様の声をCSR活動に反映し、さらなる信頼関係の構築に努めていきます。

■特集「OKIグループのCSRのかたち」

【特集1】人々に安心で安全な社会インフラを提供
OKIは、消防の分野においても無線や交換機などの技術を活かして、長年にわたり社会生活の安心・安全を支えてきました。東日本大震災での経験を踏まえ、今後起こりうる大規模災害への備えとして、デジタル化が進む消防救急無線システムや高機能消防指令センターシステムなどの提供を通じて、地域の災害対応力の強化を支援していきます。

【特集2】次の世代のためにOKIグループの環境ビジョン2020を策定
OKIグループは2012年4月、グループの環境経営の方向性を示した「OKIグループ環境ビジョン2020」を策定しました。「低炭素社会の実現」「汚染の予防」「資源循環」「生物多様性保全」の4つの分野で2020年の目標を設定し、事業活動および商品における取り組みを強化していきます。

【特集3】操業する国や地域の持続的な成長に貢献
OKIグループは操業する国や地域への貢献をめざし、生産拠点における品質・環境・労働安全衛生の適正なマネジメントと、社員や地域社会との的確なコミュニケーションを推進しています。2011年度のタイの洪水においては、プリンタの製造拠点が浸水被害を受けましたが、国内外の拠点が連携して供給責任を果たすべく努め、予定よりも早い復旧を実現しました。

【特集4】お客様に高度な情報セキュリティで安心を提供
情報セキュリティに配慮したスマートフォン向けクラウドサービスなどを提供するとともに、自らの情報セキュリティ体制を強化しています。2011年度はサイバー攻撃などへの対応を強化する一方、情報管理全般に関する社員の意識向上をめざした一斉点検や教育を実施しました。

■重点的に推進する活動領域での進展状況

OKIグループが現在重点的に推進する「コンプライアンスの徹底」「情報セキュリティ」「お客様満足の向上」「株主・投資家への情報発信」「社員の尊重」「社会貢献」「環境への対応」の7領域について、2011年度の注力ポイントとその達成状況、さらにはこの結果を踏まえた2012年度の注力ポイントを記載し、個々の活動のめざす方向と進展の状況をできるかぎり具体的に、理解しやすい形でまとめました。またこのうち「環境への対応」については、詳細なデータを巻末の「詳細編」にまとめ、掲載情報の網羅性を確保しています。

【リリース関連リンク】
「社会・環境レポート2012」紹介サイト http://www.oki.com/jp/csr/report/2012/
「CSR(企業の社会的責任)」サイト http://www.oki.com/jp/csr/
「環境への取り組み」サイト http://www.oki.com/jp/eco/

沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 http://www.oki.com/jp/



Source: 沖電気工業株式会社

Contact:

本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部 葛
電話: 03-3501-3835
e-mail: press@oki.com
Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング