ソニー、 「4倍速」技術搭載のスタンダードモデル液晶テレビ(ブラビア)「KDL-40EX750」を発売

JCN Newswire / 2012年7月5日 17時54分

Tokyo, July 5, 2012 - (JCN Newswire) - ソニーは、スポーツイベントが注目される今年の夏から秋のテレビ市場に向け、スポーツシーンの速い動きもなめらかに描画して見やすくする「4倍速」技術を搭載した液晶テレビ(ブラビア)40V型モデルを7月27日に発売します。

今回、新たに、お求めやすい価格帯のスタンダードモデルのEXシリーズに、初めて「4倍速」と「モーションフローXR480」を採用しました。

「4倍速」は、1秒間60コマの映像を変換して240コマにすることで、残像感を低減してなめらかに表示できる技術です。さらに、LEDバックライトをフレームごとにオン/オフ制御する「モーションフローXR480」技術も組み合わせ、動きの速い映像をくっきり、なめらかに描き出します。

また本機は、YouTubeやFacebook、ショッピングなど多彩なネットワークサービスが楽しめます。

例えば、Twitterを使えば放送中のテレビ番組を見ながら、別の場所にいる友人達のコメントも同じ画面で閲覧できるので、スポーツ生中継がさらに盛り上がります。

なお、日本国内で今月3日に開始した、ソニーのクラウドベースの定額制音楽配信サービス「Music Unlimited(“ミュージックアンリミテッド”)」にも対応する予定です。

地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ(ブラビア)
「KDL-40EX750」(40V型)
- 発売日: 2012年7月27日
- 価格: オープン価格

<「KDL-40EX750」の主な特長>

■画質
- テレビ放送などの1秒間60コマの映像を、ソニー独自の新規映像生成アルゴリズムを用いてコマ数補間を行い240コマにする「4倍速」技術と、エッジ型LEDバックライトのオン/オフ制御技術「モーションフローXR480」を組み合わせ、動きの速い映像もくっきり、なめらかに描画。撮影時に生じた映像のぼやけを検知・補正する技術「IBリダクション」機能も搭載し、元の映像のぼやけを補正したクリアな映像をもとに補完処理を行い、よりくっきりした映像を再現。
- 超解像技術採用の高画質回路「X-Reality」を搭載し、リアルな映像美を再現。

■ネットワーク
- “Sony Entertainment Network(SEN)”を通じて、プレミアム映像配信サービス「Video Unlimited(“ビデオアンリミテッド”)」などの「ネット動画・音楽」や、「ショッピング」、「コミュニケーション」、「情報検索・管理」などバラエティ豊かなサービスを利用可能。付属リモコンにある「SEN」ボタンから簡単なアクセスが可能。
- ソニールームリンク(DLNAクライアント)に対応。

■省エネ
- 液晶パネルのパネル透過率とLEDバックライトを高精度に制御する「ECOパネル制御」機能を搭載。これにより、消費電力を約15%カット(同機能の搭載有無で比較。実際にオン/オフはできません)。

■便利な機能
- 外付けハードディスク録画機能を搭載。(ブラビア)の番組表からの一発予約に対応。
- Wチューナー搭載(裏番組録画に対応/2番組の同時視聴には対応していません)

■市場推定価格: 「KDL-40EX750」100,000円前後

◆詳細に関しては、下記URLをご覧下さい◆
製品情報サイト
http://www.sony.jp/bravia/products/KDL-40EX750/index.html

ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。



Source: ソニーCopyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング