日立、省電力機能を強化したモバイル型シンクライアント「FLORA Se210 RK3」を販売開始

JCN Newswire / 2012年7月5日 17時55分

Tokyo, July 5, 2012 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長:中西 宏明/以下、日立)は、急速に拡大するVDI(Virtual Desktop Infrastructure:デスクトップ仮想化)市場への対応を強化するべく、セキュリティPC「FLORA Seシリーズ」の新モデルとして、電力消費のピークシフト機能*1などの省電力機能を搭載したモバイル型シンクライアント「FLORA Se210 RK3」を製品化するなど、情報漏えいの防止とITリソースの最適化を実現する「セキュアクライアントソリューション」を支える製品群を拡充し、7月6日から販売開始します。

近年、情報漏えいの防止や、セキュリティの高いテレワーク環境の導入、クライアントPCの運用・管理負担の軽減、さらには、BCP(Business Continuity Planning:事業継続計画)へのニーズの高まりなどを背景に、クライアントPCには必要最小限の機能のみをもたせ、サーバ側でアプリケーションソフトウェアの処理やデータ保管を行うVDIが急速に普及しています。特に、セキュリティと管理効率に優れたシンクライアントを採用し、全社的にVDIの導入を進める企業が増加しており、数万ユーザーを擁する大規模なシステムも構築されています。また、導入の拡大とともに、シンクライアントにおいても、通常の企業向けPCと同様に、省電力機能や画面の見やすさなどについて、機能向上が求められるようになっています。

日立は、2005年に、シンクライアントで情報漏えいの防止とITリソースの最適化を実現する「セキュアクライアントソリューション」の提供を開始し、モバイル型のシンクライアントや、高集積なブレードPCなど、業界をリードする製品を開発、提供するとともに、シトリックス社やヴイエムウェア社のVDIソフトウェアを活用したVDIシステムを多くの顧客に提供してきました。2009年には、シンクライアントの接続先(実行環境)として複数の実行方式*2を共存させ、ユーザーの業務用途に応じた最適な環境を選択できるセキュアクライアントソリューション「統合型」を開発し、提供しています。また、VDIシステムの構築には、仮想化のプラットフォームとして、統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」、日立アドバンストサーバ「HA8000シリーズ」、エントリーブレードサーバ「HA8000-bd/BD10」など、日立が有するサーバ製品群を、用途に応じて活用しています。

日立は、今回、「セキュアクライアントソリューション」の強化に向けて、セキュリティPC「FLORA Seシリーズ」のラインアップに、モバイル型シンクライアントの新モデル「FLORA Se210 RK3」を追加するとともに、デスクトップ型シンクライアント「FLORA Se330」の機能を強化しました。同時に、シンクライアントの接続先として使用するクライアントブレード(ブレードPC)「FLORA bd500」において、基本性能を向上した新モデル「FLORA bd500 X9モデル」を製品化したほか、VDIシステムのプラットフォームとして適したエントリーブレードサーバ「HA8000-bd/BD10」の機能を強化しました。

「FLORA Se210 RK3」は、ピークシフト機能などの省電力機能を搭載したモバイル型シンクライアントの新モデルです。標準バッテリで約6時間の長時間駆動が可能なほか、従来製品比で表示解像度を30%以上向上*3するとともに、筐体の厚さを30%以上薄型化*4するなど、使いやすさと携帯性を両立しています。

日立は、今後も「FLORA Seシリーズ」や「FLORA bd500」を強化するとともに、VDIソフトウェアベンダー各社とのパートナーシップを戦略的に発展させ、情報漏えいの防止や、セキュリティの高いテレワーク環境の導入、クライアントPCの運用管理負担の軽減、BCPへの対応強化を実現する「セキュアクライアントソリューション」を積極的に提案していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2012/07/0705.html

*1 ピークシフト機能:夜間にバッテリを充電し、昼間の電力ピーク時間帯には自動的にバッテリ駆動に切り替えることで、消費電力をほぼゼロに抑える機能。
*2 ブレードPC方式(利用者がブレードPCを一人一台占有して利用する実行方式)、ターミナルサービス方式(利用者がCitrix® XenApp®などにより共有されたアプリケーションをPCサーバ上で利用する実行方式)、仮想PC方式(利用者がVMware® ESXi™などにより提供される仮想OSをPCサーバ上で利用する実行方式)の3種。
*3 2010年7月発売の従来製品「FLORA Se210 RK2」(表示解像度:XGA(1,024×768ドット))と新製品「FLORA Se210 RK3」(表示解像度:WXGA(1,366×768ドット))の比較。
*4 2010年7月発売の従来製品「FLORA Se210 RK2」(厚さ:30.5から36mm)と新製品「FLORA Se210 RK3」(厚さ:22.9から24.9mm)の最厚部の比較。

株式会社 日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。



Source: 株式会社 日立製作所Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング