OKI、「振込管理システム」をふくおかフィナンシャルグループへ納入―3行の振込不能処理を事務集中センターで一元管理

JCN Newswire / 2012年7月10日 11時56分

Tokyo, July 10, 2012 - (JCN Newswire) - OKIは、このたび株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(取締役会長兼社長:谷 正明、本店:福岡県福岡市、以下FFG)傘下の株式会社福岡銀行(取締役頭取:谷 正明、本店:福岡県福岡市)、株式会社熊本ファミリー銀行(取締役頭取:林 謙治、本店:熊本県熊本市)、株式会社親和銀行(取締役頭取:小幡 修、本店:長崎県佐世保市)の振込不能処理(仕向けエラー処理・被仕向けエラー処理)を集中化し、業務効率化を実現する「振込管理システム」を納入しました。本システムは2012年6月より稼働を開始しました。

FFGは、現在「生産性の劇的な向上」を目指した抜本的な事務改革に取り組んでいます。その中の重要な取組みのテーマである「営業店後方業務の極小化」の一施策として「振込不能処理の本部集中化」を実現するにあたり、すでに他の金融機関で稼働実績があったOKIパッケージを採用しました。

「振込管理システム」は、自行から振込電文を発信し相手先の金融機関でエラーとなった場合(仕向けエラー処理)と、相手先金融機関から振込電文が発信され自行でエラーとなった場合(被仕向けエラー処理)の双方向のエラーを事務集中センターで処理するものです。このたび、福岡銀行、熊本ファミリー銀行、親和銀行の各行にて振込不能処理の本部集中化を実現しました。

FFG3行では本システム導入により、月末など繁忙日の繁忙要因のひとつであった振込不能処理を本部集中化することで、営業店事務負担の軽減を期待しています。また、あわせて顧客利便性向上(※)も志向しています。

OKIは、今回のFFGへのシステム納入実績を踏まえ、金融機関の一層の事務効率化要望にお応えすべく、営業店後方業務の効率化ソリューションの販売活動をさらに進めてまいります。

【本システムの主な特長】

1. 仕向けエラー処理と被仕向けエラー処理不能を統合環境で実現
- 操作性統一による効率化・オペレータ流動化
- エラー処理一元管理による堅確性向上

2. イメージワークフローによるペーパーレス化/処理状況管理を実現
- 処理漏れ等を防止し、リスクを軽減
- ワークフローの中で為替システムとの連携により、処理効率を向上

3. CTstageを活用したFAX連携・コールセンター(架電)機能を実現
- FAXや電話応対をシステム管理することで事務の効率化を向上

【用語解説】
※顧客利便性向上:顧客との振込訂正等手続きを従来の窓口対応から事務集中センターからの電話対応にシフトすることにより顧客は来店不要となる。

【リリース関連リンク】
「振込管理システム」紹介サイト
URL: http://www.oki.com/jp/financial/efficiency/office/furikomi.html
「IPコンタクトセンターシステム CTstage」紹介サイト
URL: http://www.oki.com/jp/ctstage/

沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 http://www.oki.com/jp/



Source: 沖電気工業株式会社

Contact:

本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部 永野 
電話: 03-3501-3835
e-mail: press@oki.com

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
統合営業本部 金融営業本部
電話: 03-3454-2111
お問い合わせフォーム: https://www.oki.com/cgi-bin/inquiryForm.cgi?p=048j 
Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング