日立ソリューションズ、医療機関向け骨粗しょう症体質リスク検査サービスを提供開始

JCN Newswire / 2012年7月12日 19時2分

Tokyo, July 12, 2012 - (JCN Newswire) - 株式会社日立ソリューションズ(本社: 東京都品川区、取締役社長: 林 雅博/以下、日立ソリューションズ)は、独立行政法人 国立長寿医療研究センター研究所予防開発部(所在地: 愛知県大府市)の研究成果を基に開発した「骨粗しょう症体質リスク検査サービス」の提供を、医療機関や健診センター向けに11月1日から開始する予定です。本サービスは、日本人女性を対象に、遺伝子検査と問診による閉経後の骨粗しょう症発症リスクの判定と体質に合った予防方法を提示し、医師の骨粗しょう症予防指導を支援します。

骨粗しょう症は、日本国内において推定患者数が女性800万人、男性200万人、合計1,000万人*1と言われています。女性は、男性に比べて骨量が少ないうえに、閉経後にホルモンのバランスが崩れて骨粗しょう症になる割合が高く、患者全体の8割を占めています。また、要介護になる原因の第5位*2に挙げられる骨折は、骨粗しょう症の合併症として起こることがあり、骨粗しょう症は高齢者に多い病気として、老後のQOL(Quality of Life:生活の質)の低下原因の一つと言われています。

日立ソリューションズは、遺伝子検査を活用した病気予防やQOLの向上を目指し、医療機関や健診センター、企業の健診部門などに向け「骨粗しょう症体質リスク検査サービス」の提供を開始します。本サービスは、日本人女性を対象に、遺伝子検査による体質診断と生活習慣から骨粗しょう症発症リスクを判定し、さらに個人の体質に合った予防方法を医師に提示します。医師は検査キットで受診者の口腔粘膜サンプルを採取し、本サービスを利用して遺伝子検査を行います。検査終了後、医師は本サービスにて問診項目を入力することで、骨粗しょう症リスク判定結果と体質に合う予防方法を閲覧し、この表示内容を基に受診者に詳細なアドバイスを提示することができます。また、医師は受診者の生活習慣の改善結果を、問診入力によりリスク判定に反映させることで、予防指導を継続的に実施することができます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi-solutions.co.jp/company/press/news/2012/0712.html

*1: 出典「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン」
*2: 平成22年国民生活基礎調査

株式会社日立ソリューションズ

日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社と株式会社日立システムアンドサービスは、製品・サービス、ソリューションメニューを結合し、さらにお客様のご期待にお応えするため、2010年10月1日をもって合併し、「株式会社日立ソリューションズ」として、新たにスタートいたしました。



Source: 株式会社日立ソリューションズCopyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング