日立ソリューションズのクラウドサービス「SecureOnline」、三菱UFJフィナンシャル・グループ各社向け勤務管理システムに採用

JCN Newswire / 2012年7月13日 17時1分

Tokyo, July 13, 2012 - (JCN Newswire) - 株式会社日立ソリューションズ(本社: 東京都品川区、取締役社長: 林 雅博/以下、日立ソリューションズ)のクラウドサービス「SecureOnline」が、三菱UFJインフォメーションテクノロジー株式会社(本社: 東京都中央区、取締役社長: 中村 敬/以下、三菱UFJ インフォメーションテクノロジー)の提供する三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下、MUFG)各社向け勤務管理システムの基盤に採用されました。これにより、三菱UFJ インフォメーションテクノロジーでは、自社のサーバー16台を全廃し、大幅なコスト削減を実現しました。

三菱UFJインフォメーションテクノロジーでは、MUFG内の複数企業に対し、2005年4月から日立ソリューションズの就業管理システム「リシテア Job」を利用した勤務管理システムをASPサービスとして提供し、グループ各社の数万人が本サービスを利用しています。勤務管理システムは、勤務時間の入力や承認作業をシステム化することにより、管理シートを不要にしてペーパーレス化を推進するとともに、さまざまな環境の利用者が同一のシステムを使用することで、実績集計業務の効率化を促進するサービスです。

三菱UFJインフォメーションテクノロジーでは、勤務管理システムを自社で運用する上で、以下3つの課題に直面していました。1点目は、人材の流動化による利用人数の大幅な増減への対応、2点目は、システム維持保守担当ベンダーが複数存在することによる管理の複雑化、3点目は、勤務管理システムの年々高まるセキュリティレベルや、増加するシステム投資コストに対する管理コスト削減です。

日立ソリューションズは、これらの課題を解決するため、クラウドサービス「SecureOnline」を三菱UFJインフォメーションテクノロジーに提案し、セキュリティレベルが高い点、データセンターの所在が明らかで三菱UFJインフォメーションテクノロジー自身でデータセンター内を確認できる点などが評価されました。

三菱UFJインフォメーションテクノロジーでは、2011年12月から「SecureOnline」上に「リシテア Job」を移行することによって、利用リソースが自由に増減可能となり、契約ユーザー数の増減に迅速かつ柔軟に対応できるようになりました。また、クラウド基盤と業務システムの保守窓口を日立ソリューションズに一本化することで、サービスレベルを可視化し、トラブル対応などの管理負担を軽減することができました。さらに、自社のサーバー16台を全廃し、通常5~6年周期で訪れる機器更改が不要になるなど、大幅なコスト削減を実現しました。

日立ソリューションズは、「リシテア Job」と「SecureOnline」を組み合わせて提供することで、クラウド基盤から業務システムまでトータルでサポートを行い、お客様の勤務形態や職制改正などに柔軟に対応し、お客様の業務効率向上を実現します。

さらに、今後、三菱UFJインフォメーションテクノロジーは、他のサービスのクラウド化も視野に検討していく考えであり、日立ソリューションズはクラウド化を積極的に支援します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi-solutions.co.jp/company/press/news/2012/0713.html

株式会社日立ソリューションズ

日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社と株式会社日立システムアンドサービスは、製品・サービス、ソリューションメニューを結合し、さらにお客様のご期待にお応えするため、2010年10月1日をもって合併し、「株式会社日立ソリューションズ」として、新たにスタートいたしました。



Source: 株式会社日立ソリューションズCopyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング