Open Mobile Alliance (OMA)、Messaging WorkshopとDemo Dayを開催

JCN Newswire / 2012年7月25日 12時47分

100人以上の無線技術専門家とアナリストが、モバイルメッセージングの機能について討論

BROOKLYN, NY, July 25, 2012 - (JCN Newswire) - Open Mobile Alliance (OMA)は、2012年7月12日に米国ニューヨーク州ブルックリンで開催されたOMA Messaging Workshopで行われたプレゼンテーションを公開したことを、本日発表しました。ワークショップはOMA Demo Dayとともに開催され、モバイル業界全体から技術専門家が集結して、標準化された完全相互運用可能なメッセージングのメリットについて、およびメッセージング技術の今後の方向性について討論しました。

「OMA Messaging Workshopでは、技術リーダー向けに、メッセージング相互運用性の歴史と、標準化により可能になった達成内容について、オープンフォーラムを実施しました。また、メッセージングの将来と、各種メッセージングアプリケーション、およびそれらが実行されるネットワークについてのディベートも行われました。」と、ワークショップ議長でOMA副理事長のKevin Holleyは述べました。

プレゼンターには、サムスン、SK Telecom、Telecom Italia、AT&T、コンバース、エリクソン、華為、The Mobile Entertainment Forum、OpenMarket、Drakontas、Telefónicaなどの企業・団体からの代表がいます。また、モバイル業界アナリストのDean BubleyとAlan Quayleによるレビューもプレゼンテーションされました。SMS、RCS、OTT (over-the-top)モデル、アプリケーション内メッセージングなどの各種フォーラムについての情報も交換されました。

「モバイルメッセージングは、グローバルな成功事例です。OMAは、世界のメッセージング関係者に、業界リーダーシップと将来の知見について再びデモを行います。」と、OMA理事長のMark Cataldoは述べました。

全ワークショップと、OMA Demo Dayでは、メッセージングおよび他のアプリケーション向けの、各種OMAイネーブラのデモを実施しました。この内容の動画は数週間以内に www.openmobilealliance.org で利用可能になる予定です。

OMAについて

Open Mobile Alliance (OMA)は、どんな基幹ネットワークでも、どんな地理的境界も越えて機能する相互運用可能サービスを作成するための、オープン仕様を提供しています。OMAの仕様は、さまざまなモバイルネットワークにつながっている何十億もの新規および既存の固定およびモバイル端末をサポートしています。モバイルデータサービスのグローバル需要を背景に、Open Mobile Alliance加盟企業は、情報、通信およびエンターテイメントの新規および拡張ソリューションの採用をサポートしています。

Open Mobile Alliance (OMA)の名前とロゴは、Open Mobile Alliance Ltd.の登録商標です。この文書で言及されている他の製品と会社名は、その所有者の商標または商号です。

お問い合わせ先:
Elizabeth Rose
+1 858 349 5741
erose@omaorg.org



Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング