OKI、「EXaaS(TM) 音声クラウドサービス(共同利用型)」をウライ株式会社に提供開始

JCN Newswire / 2012年10月30日 12時17分

クラウドによるIP-PBX機能提供で管理・運用コストを削減、BCPにも対応

Tokyo, Oct 30, 2012 - (JCN Newswire) - OKIグループの電気工事、電気通信工事を主とする会社であるOKIウィンテック(社長:紀陸 保史、本社:東京都品川区)は、このたびウライ株式会社(取締役社長:裏井 紳介、本社:京都市下京区、以下、ウライ)に、自社に設備を保有することなく最新のIP-PBX機能を柔軟に選択可能なクラウド型電話サービス「EXaaS(TM) 音声クラウドサービス(共同利用型)」の提供を開始しました。本サービスの採用により、ウライでは既存電話端末も有効に活用してコストを抑えつつ、事業継続計画(BCP)※1対策にも対応した電話設備の更改を実現しました。

ウライは、ファッションを通じて社会に貢献することをモットーに、お客さまの「美」に対する夢を実現・提案する企業として、きものから宝石、貴金属、毛皮、レザー製品など、新たな商品やサービスを積極的に展開している和装卸でトップクラスの衣料品販売会社です。

ウライでは、京都本店と東京支店の電話設備の更改にあたり、初期投資および管理・運用コストの抑制のほか、移行のスムーズさも重視し、さらに災害発生時の事業継続計画(BCP)も含めた検討を重ねました。また、並行して営業部門での営業支援システム(SFA※2)導入の検討もはじまり、その端末として導入するスマートフォンの内線電話端末としての利用も検討していました。これらの総合的な検討の結果、自社で新たに設備を保有することなく最新のIP-PBX機能を利用することができ、初期投資と管理・運用コストの削減を図ることが可能なOKIの「EXaaS音声クラウドサービス」の採用が決まりました。

「EXaaS音声クラウドサービス」は、既存の電話端末を利用することが可能なため、ウライでは、京都本店と東京支店の既存電話端末を引き続き活用することにより、初期投資を大幅に抑制しました。またそれにより、電話機の使い勝手は従来のまま、新サービスへスムーズな移行を行なうことができました。さらに、外出の多い社員などに対し、SFA導入にともない採用されるスマートフォンを内線電話端末として利用可能とすることで、社内外のコミュニケーションも効率化しました。本サービスは、安心・安全なOKIクラウドセンターで運用しており、BCP対応についても万全です。

「EXaaS音声クラウドサービス」は、オフィス規模に関わらず、多機能電話機、スマートフォン、携帯電話、PHSなどさまざまな電話機に対応した最新の電話IP-PBX機能を利用できるサービスです。OKIとOKIウィンテックでは、今回の実績を踏まえ、今後も初期投資を抑制し、管理・運用コストの削減、スマートフォン利用など柔軟なワークスタイルの導入を求めるお客様に対し、本サービスの提案、販売活動を積極的に展開していきます。

【サービス概要】

本サービスは、ウライの京都本店、東京支店の2か所をOKIクラウドセンターとIP回線で接続することにより提供されています。PBX機能は、データセンターから提供し、ウライでは、既設、新設を含めた電話機(京都本店:約350台、東京支店:約150台)と各拠点にある接続装置のみで、従来と変わらぬ電話サービスを実現しています。サービス利用料はポート単位となっており、500ポート分の月額利用料でPBX本体の運用管理、障害対応からヘルプデスクサービスまで提供しています。

【OKI「EXaaS音声クラウドサービス」について】

オフィスの規模に関わらずお客様の環境に必要なPBX機能を柔軟に選択できる、本格的な音声のクラウドサービスです。

◆共同利用型
OKIウィンテックが提供する中規模オフィス向けサービスです。不特定多数のお客様にクラウドプラットホームを利用してIP電話サービスを提供します。基本サービスがあらかじめ定められており、短期間での導入が可能です。中規模オフィス(内線/外線を合わせ500~1,000ポートが目安)のお客様に最適です。

◆プライベート型
OKIが提供する大規模オフィス向けサービスです。特定のお客様専用の環境を自社内もしくは外部データセンターなどに構築します。このため、お客様のご要望に応じた柔軟なカスタマイズが可能で、大規模オフィス(内線/外線を合わせ1,000ポート以上が目安)のお客様に最適です。
「ExaaS音声クラウドサービス」紹介サイト: http://www.oki.com/jp/cloud/pbx/

【用語解説】
※1:事業継続計画(BCP)
災害発生時の事業継続を確実にするため、災害の状況や広がり、影響度に応じた対応策を策定すること、または策定した計画。
※2:営業支援システム(SFA: Sales Force Automation)
パソコンやインターネットなどの情報通信技術を駆使して企業の営業部門を効率化するための情報システム。

【OKIウィンテックについて】
社名: 沖ウィンテック株式会社
本社: 東京都品川区北品川1丁目19番4号
社長: 紀陸 保史
資本金: 2,001,900,000円(2012年3月31日現在)
設立: 1960年5月2日
従業員数: 574人(2012年3月31日現在)
主な業務: 電気通信工事・電気工事、情報通信設備の構築および回線のリセール、広告媒体およびコンテンツの提供
URL: http://www.okiwintech.co.jp/

【ウライについて】
社名: ウライ株式会社
本社: 京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町498番地
社長: 裏井 紳介
資本金: 1,857,196,000円(2012年4月1日現在)
設立: 1951年1月
従業員数: 273人(2012年4月1日現在 グループ)
主な業務: きもの、ジュエリー、ファッションの卸売
URL: http://www.urai.co.jp/

沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 http://www.oki.com/jp/



Source: 沖電気工業株式会社

Contact:

本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部 山本 
電話: 03-3501-3835
e-mail: press@oki.com 

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
OKIウィンテック マーケティング本部 営業推進部
電話: 03-3740-2198
URL: https://www.oki.com/cgi-bin/inquiryForm.cgi?p=115j 
Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング