マイクレル社、ClockWorks(TM)製品群にカスタムコンフィギャラブル高性能クロックジェネレータFLEX2ファミリをリリース

JCN Newswire / 2012年11月1日 13時30分

超低ジッタ(200fs_rms以下)、超低クロストーク、高PSRR(電源雑音除去率) に最適化したデュアルPLL 内蔵デバイス

SAN JOSE, CA, Nov 1, 2012 - (JCN Newswire) - 米アナログ、高帯域通信、イーサネットICソリューションの業界のリーダーである米国マイクレル・セミコンダクタ社の日本法人マイクレル・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(以下:マイクレル社、横浜市西区みなとみらい 代表取締役社長:山本一博)は、超低ジッタ、優れたクロストークアイソレーションおよび高PSRRに最適化されたカスタムコンフィギャラブル デュアルPLLクロックジェネレータを新たに発表した。

SM803xxxファミリは、12チャネルまでの差動出力またはシングルエンド出力を設定することができ、出力周波数としては最大850MHzで、200フェムト秒(fs) RMS のフェーズジッタを達成している。 FLEX2は、幅広い周波数、高ファンアウト数、超低ジッタを必要とする非常に要件の厳しいアプリケーションに適している単体のICである。 ターゲットとなるアプリケーションとしては10/40/100ギガビットイーサネット、SONET/SDH、CPRI/OBSAI、ファイバチャネル、SAS/SATA、および高速クロックが必要とするFPGAおよびSerDesなどがある。ヒューズベースのOTP (one-time programmable)メモリを使って工場出荷時にプログラム可能なFLEX2は、カスタマイズされた高パフォーマンス クロックソリューションを素早く提供し、顧客の試作期間、システム設計サイクルを短縮。

「高パフォーマンスでフレキシブルなクロック&タイミング製品群を拡大するというマイクレルの戦略に従い、Clockworks FLEX2 ファミリを発表した。」とマイクレル社タイミング&コミュニケーションズ製品グループ副社長のRami Kanama氏は述べた。「SM803xxxは、業界で最も低いジッタをもつカスタムコンフィギャラブル デュアルPLLクロックシンセサイザとして、周波数設定範囲をフレキシブルに拡張し、フルカスタマイズされたクロックソリューションを短期間で提供する。FLEX2は、超低ジッタおよび高ファンアウト数が設定可能なことにより、システムおよびパフォーマンスを改善し、BERとSNRを低減する。高速信号が必要な機器では低ジッタ化が必須であり、それにかける予算をFLEX2に使用することにより下げることも期待できる。

SM803xxx製品は現在量産品の発注が可能。サンプルについては、お近くのマイクレル社にお問い合わせください。マイクレル社のClockworks FLEX製品についての詳しい情報は、Clockworksをご覧ください。

製品詳細、データシートはこちらから入手可能(英文)。
http://www.micrel.com/_PDF/HBW/SM803xxx.pdf

マイクレル・セミコンダクタについて

マイクレル社はグローバルな半導体サプライヤーとして、アナログ、イーサネット、広帯域通信に使用されるICソリューションを世界市場に提供している。同社製品には最先端のミクスドシグナル製品、アナログ製品、パワー半導体、高性能通信用スイッチ、クロック管理スイッチ、イーサネット・スイッチおよびPHY製品がある。ユーザーにはエンタープライズ、民生、工業、モバイル、通信、自動車、コンピューター製品などの有力メーカーが含まれる。本社と最先端のウエハー製造設備は米国カリフォルニア州サンノゼにあり、米州、欧州、アジア全域に地域販売代理店とカスタマーサポートの拠点、先端テクノロジーのデザインセンターがある。さらにマイクレル社は世界に広範な流通販売網と代表事務所を保持している。詳しい情報は http://www.micrel.jp/ から入手可能。

<お問い合わせ先>
マイクレル・セミコンダクタ・ジャパン株式会社
〒220-6014 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-1 クイーンズタワーA 14F
TEL: 045-224-6616
FAX: 045-224-6716
E-mail: info14@micrel.co.jp
ホームページ: http://www.micrel.jp

マイクレル・セミコンダクタ





Source: マイクレル・セミコンダクタCopyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング