2つの移行ストーリー:Russell 1000(R)インデックスとラッセル大中華圏インデックスが、米国と中国の政治的イベント前のゲインを反映

JCN Newswire / 2012年11月8日 12時27分

SEATTLE, WA, Nov 8, 2012 - (JCN Newswire) - 2つの大きな政治的イベント、米国大統領選挙と、中国共産党大会期間中の十年に一度の首脳交代を前に、米国大型株を扱うRussell 1000(R)インデックスは2012年11月2日までのYTDで15.5%のリターンとなり、ラッセル大中華圏インデックスはYTDで14.6%のリターンとなりました。

過去2回の米国大統領選挙では、Russell 1000(R)インデックスは投票日前までのYTDでゲインを示しませんでしたが、投票日から年末までは実際によりよい結果となりました。2008年にRussell 1000(R)インデックスは年初から投票日までで-31.1%のリターンとなり、投票日から年末まで-9.5%となりました。2004年にRussell 1000(R)インデックスは年初から投票日までで3.1%のゲインとなりましたが、投票日から年末までは8.0%となりました。

ラッセル大中華圏インデックスもまた、2002年の共産党大会で新しい首脳が発表された後、よい市場パフォーマンスを示しました。ラッセル大中華圏インデックスは、2002年の初めから11月15日の共産党大会の閉幕までで-12.9%のリターンとなりました。一方、大会閉幕から年末までは-6.5%のリターンとなりました。

興味深いことに、Russell 1000(R)インデックスは2000年の大統領選投票日後から年末までに-8.6%のリターンとなり、投票日までのYTDは0.8%となりました。2000年の米国大統領選挙の特徴は先行きの不透明性でした。フロリダ州での票の再集計が行われ、実際の勝利者が12月になっても確定しませんでした。また、米国の歴史上、わずか4度目の、最終的勝利者が投票数では上回ることができなかった選挙です。

2012年YTD Russell 1000(R)インデックスとラッセル大中華圏インデックスのパフォーマンス


-------------------------------------------------------------------------
インデックス YTD (2012/11/2)
-------------------------------------------------------------------------
Russell 1000(R) Index 15.5%
ラッセル大中華圏インデックス 14.6%
-------------------------------------------------------------------------

過去のRussell 1000インデックスの米国大統領選挙の年のパフォーマンス

-------------------------------------------------------------------------
選挙年 投票日までのYTDのRussell 1000(R) 選挙後から年末までのRussell 1000(R)
インデックスのパフォーマンス インデックスのパフォーマンス
-------------------------------------------------------------------------
2008年(投票日2008/11/4) -31.1% -9.5%
2004年(投票日2004/11/02) 3.1% 8.0%
2000年(投票日2000/11/07) 0.8% -8.6%
-------------------------------------------------------------------------

過去のラッセル大中華圏インデックスの中国首脳交代時のパフォーマンス

-------------------------------------------------------------------------
インデックス 2002/1/1/2~2002/11/15 2002/11/16~2002/12/31
-------------------------------------------------------------------------
ラッセル大中華圏インデックス -12.9% -6.5%
-------------------------------------------------------------------------

情報入手元:ラッセル・インベストメント

注記:インデックスは管理されていませんので、直接投資はできません。リターンは過去の業績を示すものであり、将来の業績を保証するものではなく、特定の投資を示唆していません。ラッセルのインデックス公表は、特定の証券への投資に魅力があることを示唆したり、ラッセルの声明や意見を暗示するものではありません。ある証券がインデックスに含まれていても、ラッセルがその証券を宣伝・後援・推薦していることにはなりません。また、ラッセルは、ラッセル・インデックスに含まれるいかなる証券の業績についても、表明または保証を行いません。

示されたリターンは米ドル建てです。

この資料に記述された内容はすべて、法律、税、証券または投資に関するアドバイスを意図したものではなく、いかなる投資についてもそれが適切だという意見ではなく、いかなるタイプの勧誘でもありません。ライセンスをもつ専門家による特定の法律、税または投資に関するアドバイスを得ずに、この発表にふくまれる一般情報への対応をしないでください。

Russell Investment Groupは、米国ワシントン州の企業で、Russell Investmentsなど世界各国の子会社を通じて事業を行っています。また、同社は、Northwestern Mutual Life Insurance Companyの子会社でもあります。

詳しい情報の問い合わせは以下のとおりです。
Adam Grodman
+1-212-909-4781
agrodman@intermarket.com

Russell Investments





Source: Russell InvestmentsCopyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング