LEXUS、米ワインスタイン社と協力し、ショートフィルムを制作

JCN Newswire / 2012年11月28日 18時13分

Toyota City, Nov 28, 2012 - (JCN Newswire) - LEXUSは、真のグローバル・プレミアム・ブランドとしてのイメージ強化・確立に向けた取り組みの一環として、米国の映画会社ワインスタイン社と協力してショートフィルムを制作する。作品は2013年春にWeb上で公開する予定。

LEXUSは、従来の高級とは異なる価値「Progressive Luxury」を追求するというブランドビジョンのもと、グローバルなスケールでそのプレミアム・ブランドとしてのイメージ強化・確立に向けて様々な取り組みを実施している。この度、ワインスタイン社の豊富な映像制作経験と常に新しい活動にチャレンジする姿勢は、LEXUSのブランドビジョンを表現するのにふさわしいと考え、ショートフィルムを協力して制作することとなった。

ショートフィルムは全世界を5地域に分け、各地域から1名ずつ、幅広いジャンルから選ばれた監督が制作を担当する。作品のテーマは「Life is Amazing」とし、LEXUSのブランドビジョン「Progressive Luxury」を各監督独自の視点で表現した3~6分のショートフィルムを制作する。

<ワインスタイン社(The Weinstein Company)について>
2005年10月Miramax Films社共同創設者であったWeinstein兄弟により設立された映画制作・配給会社。2012年アカデミー賞では8部門を受賞。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www2.toyota.co.jp/jp/news/feature/20121128.html

トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。



Source: トヨタ自動車株式会社Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング