三菱自、ロシア工場生産の新型SUV『アウトランダー』を出荷開始

JCN Newswire / 2012年12月4日 18時26分

Tokyo, Dec 4, 2012 - (JCN Newswire) - 三菱自動車(所在地:東京都港区 社長:益子修 以下、MMC)は、ロシア・モスクワ市の南西180キロメートルに位置するカルーガ州にあるPSAプジョー・シトロエン社(所在地:フランス パリ市 会長:フィリップ・バラン 以下、PSA)とのロシア合弁車両組立工場であるPCMA Rus(ピーシーエムエー・ルス、所在地:ロシア カルーガ州)生産の新型SUV『アウトランダー』の出荷を12月3日から開始したことを発表しました。

PCMA Rus工場は2010年4月より稼動を開始し、これまでにプジョー及びシトロエンブランドのCセグメントセダンや、三菱ブランドの中型SUV『アウトランダー』などのSKD生産*を行ってきました。本年7月にはプジョーブランドのCセグメントセダン『プジョー408』の本格生産(CKD生産*)を開始、この11月にはいよいよ三菱自動車の新型『アウトランダー』の本格生産も開始しました。また、来年にはシトロエンブランド車両に続き、三菱ブランド『パジェロスポーツ』の生産を順次開始する計画としています。

新型『アウトランダー』は、まずは本年7月より、日本製の輸入完成車としてロシア市場に投入され、好評を博しております。

三菱自動車は、今回の現地生産車両の出荷開始を契機としてロシアにおける『アウトランダー』の拡販に一層注力するとともに、現地生産体制を活用しロシア事業をより一層強固なものとすべく前進を図ってまいります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/index.html

(*)
CKD生産: Complete Knock Downの略。車両組立用の部品を部品単位で供給し、工場で溶接・塗装・組立を行い車両を完成させる生産方式
SKD生産: Semi Knock Downの略。CKDに比べ完成車両に近い状態で部品・コンポーネンツを供給し、工場で最終組立のみを行い車両を完成させる生産方式

<工場の概要>
所在地: ロシア・カルーガ州
位置: モスクワ南西180km
社長: Jean Christophe Marchal
敷地面積: 約145ヘクタール
工場概要: 完成車工場(溶接工程、塗装工程、組立工程)
生産能力: 125,000台/年
生産車種:
- プジョー及びシトロエンブランドのCセグメントセダン
- 三菱の中型SUV
工場投資額: 5億5,000万ユーロ
従業員数: 約2,500名(2013年末予定)

三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード『Drive@earth』
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp



Source: 三菱自動車工業株式会社Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング