シャープ、タッチパネルシステムを開発・発売

JCN Newswire / 2012年12月10日 16時30分

逐次駆動方式に比べて、S/N比 約8倍の高感度技術を搭載

Osaka, Dec 10, 2012 - (JCN Newswire) - シャープは、逐次駆動方式※1に比べて、S/N比※2 約8倍※3の高感度技術を搭載し、ペン入力やマルチタッチ操作が可能なタッチパネルシステム※4を開発、ディスプレイメーカーなどに発売します。

スマートフォンやタブレットの需要拡大ならびにWindows(R) 8の発売に伴い、今後タッチ操作に対応したユーザーインターフェースのさらなる普及が見込まれます。

本システムは、多数のセンサーを同時に検知処理できる当社独自の並列駆動方式※5の採用により、現在広く採用されている逐次駆動方式に比べて、S/N比 約8倍の高感度を実現しました。これにより、業界最小径※6のペン先約2mmの入力や多点を同時に認識できるマルチタッチ操作、手袋を着用したタッチ操作などが可能となりました。

また、5型から60型までタッチパネル用のユーザーインターフェースが共用できるので、ソフトウェアの開発負担を軽減できます。

■ 主な特長

1.逐次駆動方式に比べて、S/N比 約8倍の高感度を実現
2.ペン先約2mmの入力やマルチタッチ操作、手袋を着用したタッチ操作が可能
3.5型から60型まで、ユーザーインターフェースが共用できるので、ソフトウェアの開発負担が軽減

品名: タッチパネルシステム
タッチパネルタイプ: 静電容量タイプ※7
適用画面サイズ: 5型/7型/20型/60型
サンプル出荷: 2013年1月31日(5型)/2012年12月15日(7型/20型/60型)
量産時期: 2013年3月15日
月産台数: 計60万台

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/121210-a.html

※1 現在、広く採用されている方式。センサーを1ラインずつ検知処理する。
※2 信号とノイズの比。数値が高いほどノイズが小さい。
※3 当社測定による20型ペン書きでの逐次駆動方式のS/N比3.58と当社独自の並列駆動方式のS/N比30.65との比較。
※4 タッチパネルコントローラーとセンサーシートの組み合わせ。センサーシートは、透明フィルムに導電性膜などで縦軸と横軸のマトリックスを形成させたシート。
※5 多数のセンサーを同時に駆動処理するので、処理能力が高い。
※6 タッチパネルシステムとして。2012年12月10日現在(当社調べ)。
※7 画面上に導電性膜などで縦軸と横軸のマトリックスを形成、指などが近付くことによる容量変化を検出する。

シャープ株式会社

詳細は www.sharp.co.jp をご覧ください。



Source: シャープ株式会社Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング