エコプロダクツ2012:パナソニックブースの展示概要と見どころ

JCN Newswire / 2012年12月12日 18時10分

Osaka, Dec 12, 2012 - (JCN Newswire) - パナソニック株式会社は、12 月13 日(木)から15 日(土)まで、東京ビッグサイトにて開催される国内最大級の環境展示会「エコプロダクツ2012」に出展します。

つながることで実現する「エコ&スマートなくらし」 を出展テーマに、スマートアプライアンス商品群とホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)がつながることによって実現する、持続可能で快適な暮らしを紹介します。 パナソニックは、クリーンなエネルギーを創出し、蓄え、効率よく活用すること
によって「快適」と「エコ」が両立するライフスタイルの実現を、これからも目指してまいります。

パナソニックブースの主な展示内容は以下の通りです。

■コーポレートステージ

- エネルギーの見える化や機器の自動制御など、家中のエネルギーを管理することで、節電を実現する「スマートHEMS」の特長を、家の中の使用シーン別にわかりやすく紹介します。

■展示コーナー

- スマートエナジー:無理なく、かしこく節電を実現する「AiSEG」を核とした当社独自のホームエネルギーマネジメントシステム「スマートHEMS」を、連携する家電機器(エアコン、IH クッキングヒーター、エコキュート)や創蓄連携システムとともに紹介します。
- スマートアプライアンス:さらに進化したエコナビ商品群の中から、冷蔵庫、エアコン、洗濯機を中心に、エコナビの新機能や節電技術について分かりやすく紹介します。
- スマートHEMS導入事例紹介:スマートHEMSを全戸に導入し、分譲を開始したスマートハウス事例(パナホーム スマートシティ潮芦屋)もあわせて紹介します。

■環境学習コーナー

子どもたちの環境学習へのサポートをより拡充し、ワークショップ形式のコーナーを設置します。小学校高学年を主な対象として、「太陽光発電と蓄電池がある家はエコな家」をテーマに、太陽光発電と蓄電池によりCO2排出量の少ない生活が実現できることを、タブレットPCを使って楽しく学んで頂きます。

■環境取組みコーナー

昨年に続き、資源循環の取組みを中心に、「循環型モノづくり」について紹介します。樹脂やガラス、金属などのリサイクル先端技術や、これまでの資源回収実績、さらには、最新の取組みまで、「つくる→つかう→もどす」というパナソニックの取組みを分かりやすく紹介します。

パナソニック株式会社

パナソニックは、部品から家庭用電子機器、電化製品、FA 機器、情報通信機器、および住宅関連機器等に至るまでの生産、販売、サービスを行う総合エレクトロニクスメーカーです。

パナソニックは、2018 年の創業100 周年に向けて、エレクトロニクスNo.1 の「環境革新企業」を目指します。全事業活動の基軸に「環境」を置き、世界中の次の世代の人たちのために、全世界で起こりつつある「グリーン革命」を、先頭に立って推進してまいります。

当社に関するさらなる情報は、 http://panasonic.co.jp をご覧下さい。



Source: パナソニック株式会社Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング