ホンダ、「東京オートサロン2013 with NAPAC」出展概要

JCN Newswire / 2012年12月26日 17時23分

Tokyo, Dec 26, 2012 - (JCN Newswire) - Hondaは、2013年1月11日(金)から13日(日)まで千葉県の幕張メッセで開催される「東京オートサロン2013 with NAPAC※1」において、さまざまなカスタマイズの可能性を提案する四輪車、二輪車と、汎用製品やモータースポーツ競技車両を出展します。

四輪車は、新型軽乗用車「N-ONE(エヌワン)」をベースに、洗練された雰囲気を演出する「N-ONE Modulo※2 Style(エヌワン モデューロ スタイル)」や無限※3のレーシングコンセプトモデル「MUGEN Racing N-ONE Concept」、特別なボディカラーやラインストーンを施したNPO法人 日本ネイリスト協会(JNA)とのコラボレーション車を展示。さらに、「バモス」「アクティ・トラック」のショーモデルなど、楽しく豊富なバリエーションの軽自動車を10台展示します。

また、「S2000」をベースに最新デザインのエアロフォルムと、黒と深い赤紫色でインテリアをシックにコーディネートしたコンセプトモデル「S2000 Modulo“Climax”」(参考出展車)を展示。さらに、CR-Vの新たなデザインを提案する「MUGEN CR-V Design Study」(コンセプトモデル)や300台限定の無限コンプリートカー「CR-Z MUGEN RZ」(市販車両)を出展します。

二輪車は、今年11月にイタリアのEICMA2012(ミラノショー)に出展した「GOLDWING F6B」(市販予定車)や、「CB1300 SUPER FOUR<ABS>Special Edition」「NC700X」などの市販車に用品を装着したカスタマイズモデルを展示します。

レース車両では、ロードレース世界選手権の最高峰MotoGPクラスにおいて、2012年にチームおよびコンストラクターズのダブルタイトルを獲得した「RC213V」や、SUPER GTシリーズに参戦した「HSV-010 GT」「MUGEN CR-Z GT」、さらにフォーミュラ・ニッポンにおいて2012年のチームチャンピオンを獲得したドコモ チーム ダンディライアン レーシングのマシンなどを展示します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hondanews.info/news/ja/auto/4121226

※1
主催: 東京オートサロン事務局(TASA〈TOKYO AUTO SALON ASSOCIATION〉)
協催: 日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会(NAPAC)
※2 Modulo(モデューロ):Honda純正用品メーカーである(株)ホンダアクセスのカスタマイズブランド名
※3 無限(MUGEN):モータースポーツ活動からHonda車用チューニングパーツ、コンプリートカー(完成車)の開発・製造・販売を行う(株)M-TECのブランド名

本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。



Source: 本田技研工業株式会社Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング