パナソニック、デジタルハイビジョンビデオカメラ「HC-X920M」を発売

JCN Newswire / 2013年1月10日 18時23分

民生初! 裏面照射型MOSセンサー採用3MOSシステム搭載、鮮やかな色再現性を実現、新開発の「傾き補正」と「5軸ハイブリッド手ブレ補正」で手ブレ・傾きを大幅に低減

Osaka, Jan 10, 2013 - (JCN Newswire) - コンシューマーマーケティング ジャパン本部は、新開発の裏面照射型の大型MOSセンサーを3枚搭載したデジタルハイビジョンビデオカメラHC-X920Mを2月20日より発売します。

本製品は、当社民生用ビデオカメラのフラッグシップモデルである「HDC-Z10000」にも採用しているトリプルセンサーシステムをさらに進化させた、民生初※1 の「裏面照射型MOSセンサー採用3MOSシステム」を搭載。正確な色分解と高い色ダイナミックレンジを維持しながら更なる高感度化を実現しました。ライカDCレンズによる、ゴーストやフレアを低減した色にじみの少ないクリアな光学系、虹彩絞りの採用と相まって、質の高い映像表現を可能にしています。

また、好評いただいている「5軸ハイブリッド手ブレ補正」に加えて新開発の「傾き補正」機能を搭載することにより、撮影者の負担を軽減しながら、より失敗の少ない撮影を可能にしています。

特 長

1. 民生初※1! 裏面照射型MOSセンサー採用3MOSシステム搭載、鮮やかな色再現性を実現
-- 動画有効画素849万。フルハイビジョン最高の高精細、水平解像度1080本。
-- 当社従来品(HC-X900M)比約2倍の高感度を実現。

2. 新開発の「傾き補正」と「5軸ハイブリッド手ブレ補正」で手ブレ・傾きを大幅に低減
-- 「傾き補正」が撮影時の本体の傾きを検知して水平に補正。
-- 光学ズーム12倍(29.8-399.2mm)/F1.5の明るいライカDCレンズにより、クリアな描写。

3. Wi-Fi(R) 搭載により、Ustreamでのライブ配信※2 やスマートフォンとの連携を実現
-- Ustreamに対応。インターネットにライブ配信※2 しながらフルハイビジョンの動画を記録できる。
-- 手元のスマートフォンでライブビュー、再生、見どころの自動編集ができる。

品名: デジタルハイビジョンビデオカメラ
品番: HC-X920M
記録メディア: 64GB内蔵メモリー/SDカード(別売)
色: -K(ブラック)
本体希望小売価格(税込): オープン価格
発売日: 2013年2月20日
月産台数: 3,000台

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://panasonic.co.jp/index3.html

※1 デジタルハイビジョンビデオカメラとして。2013年1月10日現在。
※2 事前にUstreamのアカウント登録、LUMIX CLUB PicMateの登録、LUMIX CLUB PicMateからUstreamとの連携が必要。

パナソニック株式会社

パナソニックは、部品から家庭用電子機器、電化製品、FA 機器、情報通信機器、および住宅関連機器等に至るまでの生産、販売、サービスを行う総合エレクトロニクスメーカーです。

パナソニックは、2018 年の創業100 周年に向けて、エレクトロニクスNo.1 の「環境革新企業」を目指します。全事業活動の基軸に「環境」を置き、世界中の次の世代の人たちのために、全世界で起こりつつある「グリーン革命」を、先頭に立って推進してまいります。

当社に関するさらなる情報は、 http://panasonic.co.jp をご覧下さい。



Source: パナソニック株式会社Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング