ISID、サンフランシスコに研究開発拠点を設立

JCN Newswire / 2013年1月29日 11時46分

グローバルなオープンイノベーションを加速、先端技術を活用したビジネス開発を強化

Tokyo, Jan 29, 2013 - (JCN Newswire) - 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、資本金:81 億8,050 万円、代表取締役社長:釜井 節生、以下ISID)は、米国現地法人(以下ISID アメリカ)のR&D 機能強化を図り、グローバル市場に向けたサービス開発を加速するため、ISID アメリカ・サンフランシスコオフィスを設立し、2013 年1 月より営業を開始しました。ISID は、同オフィスを当社の研究開発組織であるオープンイノベーション研究所のサテライト拠点としても位置付け、米国IT 企業の最先端のテクノロジーを、国内外のISID グループ、さらには各国の電通グループや顧客企業などにスピーディーに展開していく体制を強化してまいります。

■設立の目的■

今回拠点を設立するサンフランシスコ・ベイエリア南部には、インターネットやソーシャルメディア、スマートフォンなどを活用した先進サービスを提供するIT 企業の多くが本拠を置いています。ISIDでは、これら米国IT 企業との協業を図り、最先端のテクノロジーを新たなサービス開発に生かすべく、2010 年より調査・研究活動を行ってまいりました。2011 年4 月に開始した、3 カ年の中期経営計画「ISID Open Innovation 2013」では、重要戦略の一つに先端技術を活用した新規ビジネス開発を掲げ、研究開発組織としてオープンイノベーション研究所を設置しました。以降、ISID アメリカとも連携して、米国の先進IT 企業との共同プロジェクトを数多く立ち上げ、現在では、位置測位技術やバーチャルリアリティ技術、AR(拡張現実)技術などを用いた新規事業開発や、電通と協調したビッグデータや広告・マーケティング領域の調査・研究活動など、すでに30 を超えるプロジェクトに取り組んでいます。

ISID では、このたびのISID アメリカ・サンフランシスコオフィス設立を機に、ISID 国内グループはもとより、海外のグループ各社・拠点が、各国市場のニーズに応じた先進サービスをスピーディーに市場投入できる体制を整え、先端技術を活用したビジネス開発を一層強化してまいります。

■ISID アメリカ・サンフランシスコオフィスの概要■

(1)名称: ISI-Dentsu of America, Inc. San Francisco office
(2)代表者: 高橋 英昌(ISI-Dentsu of America, Inc. President & CEO)
(3)所在地: 901 Mission Street, Suite 105 San Francisco, CA 94103
(4)設立: 2012 年12 月
(5)営業開始: 2013 年1 月

<ご参考情報>

<電通国際情報サービス(ISID)会社概要>
社名: 株式会社電通国際情報サービス(略称: ISID)
代表者: 代表取締役社長 釜井 節生
本社: 東京都港区港南2-17-1
URL: http://www.isid.co.jp
設立: 1975 年
資本金: 81 億8,050 万円
連結従業員: 2,228 人(2012 年3 月31 日現在)
連結売上額: 638 億6,900 万円(2012 年3 月期)
事業内容: 1975 年の設立当初から顧客企業のビジネスパートナーとして、コンサルティングからシステムの企画・設計・開発・運用・メンテナンスまで一貫したトータルソリューションを提供してきました。IT Solution Innovator をビジョンとし、金融機関向けソリューション、製品開発ソリューションをはじめ、グループ経営/連結会計、HRM(人事・給与・就業)、ERP、マーケティング、クラウドサービスなど、幅広い分野で積極的な事業展開を図っております。

* 本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

【リリースに関するお問い合わせ】
株式会社電通国際情報サービス
経営企画室 広報担当 李、清水
TEL: 03-6713-6100
e-mail: g-pr@isid.co.jp

株式会社電通国際情報サービス





Source: 株式会社電通国際情報サービスCopyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング