ソニー、スタジアムビジネスの拡大に向けて映像制作ソリューションを展開

JCN Newswire / 2013年2月15日 16時6分

カシマサッカースタジアムにJリーグ初のテレビ中継設備を構築

Tokyo, Feb 15, 2013 - (JCN Newswire) - ソニーは、放送業務用機器事業(プロフェッショナルソリューション事業)において、映像制作機器から配信システム、大型映像設備やデジタルサイネージ、セキュリティカメラ等の製品と、関連したソリューションを包括的に導入できる場の一つである「スタジアムビジネス」の構築をグローバルに展開してきました。

そしてこの度、国内初の本格的なスタジアム案件として、ソニーの最新鋭の映像技術による放送・配信設備が株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シー(以下、鹿島アントラーズ)に採用され、茨城県立カシマサッカースタジアム(以下、カシマサッカースタジアム)に構築されることが決まりました。

これにより、ソニーはJリーグが開催されるサッカースタジアムとしては初となる、テレビ中継機能のある映像制作システム・中継設備(スタジオ)をカシマサッカースタジアムに構築します。従来Jリーグのサッカースタジアムからの放送は中継車を通じて行ってきましたが、今回のスタジオシステムにより、今後の次世代高画質映像4KやITをベースとしたインフラ構築などを見据え、スタジアムのコンテンツを積極的に放送・配信できるシステムを展開します。このスタジオは2013年3月に完成予定です。

また、鹿島アントラーズとは、スタジオ構築以降にもソニーの有する各種放送業務用機器・ソリューションを主軸にカシマサッカースタジアムの『ハイテクスタジアム』化を推進すべく、さらなる協議を進めて参ります。

鹿島アントラーズは、2010年度からテレビ中継制作業務の委託を受け、ホームゲームの番組制作を行ってきました。そして2013年度からは、カシマサッカースタジアムに常設される新規中継設備を活用し、サッカーの試合中継だけでなく、将来的には地域の番組や情報発信を可能とする、地域メディアセンター構想を実現する計画です。カシマサッカースタジアムが高機能の中継設備を常設することにより、地域の情報発信力の強化にもつながり、様々なコンテンツが楽しめる環境が整います。

ソニーは、プロフェッショナル・ソリューション事業においてスタジアムを含むスポーツ関連ビジネスを重点強化領域と位置付けており、米国のレンジャーズ・ボールパーク・イン・アーリントンやイタリアのユヴェントス・スタジアムなどに映像制作システムや大型映像設備、デジタルサイネージを導入するなど、世界各国のスタジアムへ最新鋭のソリューションを展開してきました。また、ソニーの子会社でテニスやサッカーなどに判定技術のサービスを提供するホークアイ(Hawk Eye)も、スポーツ・ビジネスを加速させる上で重要な差異化事業と位置付けています。

ソニーは今回の鹿島アントラーズでの採用を皮切りに、国内においてもスポーツ中継のみならずスタジアムの使用用途を拡大するハードウェアとソリューションの提供を通じて、エンタテインメントを楽しむ機会と、その仕組みづくりを積極的に推進していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201302/13-021/

ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。



Source: ソニーCopyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング