ソニー、光学20倍ズーム搭載で世界最小・最軽量を実現したサイバーショット計3機種を発売

JCN Newswire / 2013年2月27日 14時43分

Tokyo, Feb 27, 2013 - (JCN Newswire) - ソニーは、光学20倍の高倍率ズームを搭載したデジタルスチルカメラとして世界最小・最軽量※1を実現し、フラットで高級感あるデザインを採用した『DSC-WX300』を発売します。『DSC-WX300』は、望遠撮影時の手ブレ補正効果を従来機比で約2倍※2に高めたほか、望遠撮影時のオートフォーカス(AF)速度を約3.6倍※3に高速化しました。また、Wi-Fi機能を搭載し、スマートフォンやタブレットからカメラを遠隔操作して撮影できる「スマートリモコン」にも対応しています。※4 ※5

また、レンズ一体型カメラとしては業界最高レベルの光学50倍ズーム(35mm換算1200mm相当)を搭載し、一眼カメラのような本格的な撮影スタイルを可能にする『DSC-HX300』を発売します。『DSC-HX300』は、レンズ先端に近い側のレンズ群を動かし補正角を広げる「2群防振手ブレ補正」を新たに採用しました。これにより、高倍率ズームでの撮影時でも、手ブレ補正効果を従来機比約2倍※6に向上させると同時に、フレーミングのしやすさも従来機比約2倍※7に向上させています。さらに、オートフォーカス(AF)速度も従来機比約2倍※8を実現しました。

そして、10m防水※9・防塵※10・1.5m耐衝撃※11・耐低温※12性能を備え、かつ、光学5倍ズームを搭載しながら最薄部14.4mmのスリムなデザインを実現した、世界最薄※13防水カメラ『DSC-TX30』も発売します。

いつでも手軽に写真や動画を撮って楽しめるモバイル機器が普及するなか、ソニーは、コンパクトデジタルカメラにおいて、「高倍率ズーム」「高画質」などの高機能を追求しています。

今後も、“サイバーショット”の全ラインアップにおいて、カメラならではの高機能により撮る楽しみを広げていくとともに、スマートフォンとの連携も強化し、撮影した写真や動画を手軽に共有する楽しみなども提供していきます。

『DSC-WX300』の主な特長

- 光学20倍ズーム搭載で、世界最小・最軽量※1を実現し、フラットで高級感ある新デザインを採用。
- 「光学式手ブレ補正」機能の補正効果を従来機比約2倍※2に高め、望遠撮影時の手ブレを効果的に補正。
- 裏面照射型“Exmor R”CMOSセンサー(有効約1820万画素)と画像処理エンジン“BIONZ(ビオンズ)”により、高精細でノイズの少ない画質を実現。
- 望遠撮影時でも、暗所でも、カメラがシーンを自動で認識し、高精細でノイズが少なく、ブレを抑えた写真が撮影できる「プレミアムおまかせオート」搭載。
- 望遠撮影時や暗所でも被写体をより迅速に捉える「高速AF機能」で、高倍率ズーム時のAF速度を従来機比約3.6倍※3高速化(CIPA準拠)。
- Wi-Fi機能を搭載。スマートフォンやタブレット端末から遠隔操作して撮影できる「スマートリモコン機能」に対応し、集合写真などを撮影する際にカメラの画角調整などができるほか、撮影した画像をWi-Fi機能でスマートフォンやタブレット端末に転送することも可能。
- 大容量のバッテリーを採用※14したことで、従来機の2倍※15以上にあたる約500枚※16の撮影可能枚数を実現。
- 静止画はもちろん、動画やパノラマも印象的に仕上げるピクチャーエフェクト機能と、ポートレートを簡単にレタッチできるビューティーエフェクトを新搭載。

『DSC-HX300』の主な特長

- 光学50倍ズーム(35mm換算1200mm相当)を搭載。
- レンズの先端に近い側のレンズ群を動かし、補正角を広げる「2群防振手ブレ補正」を新たに採用。望遠撮影時の補正効果を従来機比約2倍※6に向上させると同時に、フレーミングのしやすさも従来機比約2倍※7に向上させています。これにより、スポーツや運動会、野鳥の撮影など高倍率ズームを使うシーンでも快適な撮影が可能です。
- 望遠撮影時や暗所でも被写体を迅速に捉えることができる「高速AF機能」を搭載し、望遠側でのフォーカス速度を、従来機比約2倍※8に向上させています。
- 有効約2040万画素に高画素化した裏面照射型“Exmor R”CMOSセンサーと画像処理エンジン“BIONZ(ビオンズ)”により、高精細でノイズの少ない画質を実現。
- レンズ一体型カメラながら、デジタル一眼カメラ“α”で培った、ホールド性の高いグリップデザインを採用。
- マニュアルリング、カスタムボタン、ジョグダイヤル、「MR(メモリーリコール)モード」といったマニュアル撮影機能が充実。使用頻度の高い設定をすぐに調節できます。
- ソニーのカメラ用アクセサリーを共通で使用できる「マルチ端子」を新搭載。撮影時に便利なリモコン三脚をはじめとする、ソニーの多彩なカメラ用別売アクセサリーの制御や電源供給が可能です。

『DSC-TX30』の主な特長

- 光学5倍ズームを搭載した世界最薄※13の10m防水※9カメラ。
- 10m防水・防塵※10・1.5m耐衝撃※11・耐低温※12に対応し、日常の撮影シーンの他、マリンスポーツ、アウトドアスポーツなどのシーンでも撮影が可能。
- 新たに最大撮影倍率15倍のマクロ撮影機能「拡大鏡プラス」機能※17を搭載し、最短1センチまでの接写が可能。
またLEDライトを新たに搭載し、被写体に接近した場合でも被写体を明るく鮮明に撮影ができます。
- 直感的かつ快適な操作が可能な大型の3.3型有機ELタッチパネル搭載。
- 暗所での動きのある被写体までもカメラまかせで撮影できる「プレミアムおまかせオート」機能を搭載し、手軽に高画質撮影が可能。
- 静止画に加え、動画やパノラマも印象的に仕上げるピクチャーエフェクト機能と、ポートレートを簡単にレタッチできるビューティーエフェクトを搭載。

広色域の“トリルミナスカラー”対応

全機種ともに、広色域の“トリルミナスカラー”に対応。撮影した写真や映像を、今後発売されるテレビのラインアップに順次加わる“トリルミナスディスプレイ”対応テレビにつなげると、豊かで自然な色と質感をそのまま再現できます。

※ “トリルミナスカラー”および“トリルミナスディスプレイ”は、動画・写真の広色域の色空間に対応したソニーの製品やサービスの総称です。

型名: デジタルスチルカメラ“サイバーショット”『DSC-WX300』
発売日: 3月15日
価格: オープン価格
カラー: ブラック/ホワイト

型名: デジタルスチルカメラ“サイバーショット”『DSC-WX300』
発売日: 4月5日
価格: オープン価格
カラー: ブラウン/ブルー/レッド

型名: デジタルスチルカメラ“サイバーショット”『DSC-HX300』
発売日: 3月8日
価格: オープン価格
カラー: ブラック

型名: デジタルスチルカメラ“サイバーショット”『DSC-TX30』
発売日: 4月5日
価格: オープン価格
カラー: シルバー/オレンジ

主な別売アクセサリー

- ジャケットケース『LCJ-WD』
発売日: 3月15日
メーカー希望小売価格: 3,255円(税抜: 3,100円)
対応機種: 『DSC-WX300』
カラー: ブラック、ホワイト、ブラウン、レッド
『DSC-WX300』専用の、高級感があるレザー調のスタイリッシュなデザインケース

- ジャケットケース『LCJ-HL』
発売日: 3月8日
メーカー希望小売価格: 4,410円(税抜: 4,200円)
対応機種: 『DSC-HX300』『DSC-HX200V』
カラー: ブラック
カメラを取り出しやすい速写性に優れたジャケットケース

<先行展示>

本製品の先行展示を、2月28日(木)より、銀座・ソニーショールーム、ソニーストア大阪、ソニーストア名古屋にて行います。

ソニーショールーム発売前先行展示情報( http://www.sony.jp/showroom/exhibition/201302/130227/index.html )

市場推定価格

『DSC-WX300』33,000円 前後
『DSC-HX300』53,000円 前後
『DSC-TX30』35,000円 前後

※「市場推定価格」は、発売前の製品について、市場での販売価格を当社が推定したものです。なお、製品の実際の販売価格は、各販売店により決定されます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201302/13-0227/

※1 20倍以上の光学ズームレンズ搭載のコンパクトデジタルカメラにおいて。2013年2月27日広報発表時点。
※2 『DSC-HX30V』(光学20倍ズーム搭載機)との比較において、テレ端でのシャッタースピード換算比較(当社測定条件による)。
※3 『DSC-HX30V』(光学20倍ズーム搭載機)とのテレ端での比較。(CIPA準拠、内部測定方法)。
※4 撮影した静止画は、スマートフォンなどにも保存されます。保存される静止画は、2MBです。
※5 別途、手持ちのスマートフォン/タブレットに、“PlayMemories Mobile”(Ver. 2.0以降)をインストールする必要があります。
※6 『DSC-HX200V』との比較において、光学30倍でのシャッタースピード換算比較(当社測定条件による)。
※7 『DSC-HX200V』との比較において、光学30倍でのモニターのブレ率の比較(当社測定条件による)。
※8 『DSC-HX200V』(光学30倍ズーム搭載機)とのテレ端での比較。(CIPA準拠、内部測定方法)。
※9 JIS/IEC保護等級(IPX8)相当(当社試験条件による)。水深10m/60分までの撮影が可能です。
※10 JIS/IEC保護等級(IP6X)相当(当社試験条件による)。
※11 MIL-STD810F Method 516.5-Shockに準拠した5cmの合板上での高さ1.5m/5ftからの落下テストをクリアしています。なお、無破損、無故障、防水をどんな場合においても保証するものではありません。
※12 -10度(低温下においては、撮影可能枚数が低下します)。
※13 防水性能(※9)を備えた光学ズームレンズ搭載コンパクトデジタルカメラにおいて
幅約96.4mm×高さ約59.3mm×奥行き約15.4mm、突起部含まず。最薄部14.4mm (レンズカバーを除く)。
※14 リチャージャブルバッテリーパック『NP-BX1』。
※15 『DSC-WX100』との比較。『DSC-WX100』の撮影可能枚数は最大約220枚。
※16 CIPA規格準拠。
※17 35mm換算の最大撮影倍率。最大画サイズ選択時。デジタルズームのため、画質は劣化します。


ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。



Source: ソニーCopyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング