三菱自、第34回バンコク国際モーターショーに新世代コンパクトセダンのコンセプトカー「MITSUBISHI Concept G4」を参考出品

JCN Newswire / 2013年3月4日 14時51分

Tokyo, Mar 4, 2013 - (JCN Newswire) - 三菱自動車のタイにおける生産・販売会社であるミツビシ・モーターズ・タイランド(社長:村橋庸元、以下MMTh)は、3月25日(月)から[一般公開は3月27日(水)から]4月7日(日)までタイ・バンコク郊外のイベント会場であるインパクトで開催される第34回バンコク国際モーターショーに、新世代コンパクトセダンのコンセプトカー『MITSUBISHI Concept G4*1(ミツビシ・コンセプト・ジーフォー)』を参考出品(世界初披露)します。

また、FRベースのディーゼルハイブリッドシステムを搭載したスポーツ・ユーティリティ・トラックのコンセプトカー『MITSUBISHI Concept GR-HEV*2(ミツビシ・コンセプト・ジーアール・エイチイーブイ)』を参考出品するほか、タイで好評を博しているグローバルコンパクトカー『ミラージュ』、ミドルセダン『ランサーEX』、ピックアップトラック『トライトン』、ラージSUV『パジェロスポーツ』など、コンセプトカーに加え、タイで生産・販売する車両を含む合計23台を出品します。

1.『MITSUBISHI Concept G4』(参考出品)

『MITSUBISHI Concept G4』は、三菱自動車が世界展開を計画している新世代コンパクトセダンのコンセプトモデルです。透明度が高く輝きを引き立たせるダイヤモンドカットをモチーフとしたフロントグリル、ヘッドランプ、リヤコンビランプを採用し、精悍で存在感のあるフロントデザイン、走り去る後姿が印象的なリヤデザインとしました。

良好な前方視界と取り回しやすさを提供するショートノーズ、クラストップレベルの居住空間と優れた空力特性を両立する流麗なサイドプロポーション、後方に向かって切れ上がる躍動的なキャラクラーラインなどにより、新世代コンパクトセダンに相応しいスタイリングを追求しています。

また、高張力鋼板を積極的に採用したクラス最軽量の衝突安全強化ボディRISEに、軽量・コンパクトな1.2L MIVECエンジンを副変速機付のCVTと組み合わせて搭載。各部での徹底的な軽量化と相まって、クラストップレベルの低燃費を実現します。

さらに、軽量化がもたらす軽快で気持ちのよい動力性能、安心感のある操縦安定性と良好な乗り心地により、ドライバーに走る歓びを提供。また、着座位置を高めに設定し、ドア開口部を広めに設定したことでスムーズな乗降を可能としたほか、ゆとりある後席足元スペースにより乗員の快適性を高めています。

2. 出品車一覧

車名: MITSUBISHI Concept G4
台数: 1台
備考: 参考出品(世界初披露)

車名: MITSUBISHI Concept GR-HEV
台数: 1台
備考: 参考出品(2013年ジュネーブモーターショーに出品予定)

車名: ミラージュ
台数: 8台
備考: MMTh生産車

車名: ランサーEX
台数: 2台
備考: MMTh生産車

車名: トライトン
台数: 6台
備考: MMTh生産車

車名: パジェロスポーツ
台数: 5台
備考: MMTh生産車

合計台数: 23台

3. ミツビシ・モーターズ・タイランド[Mitsubishi Motors (Thailand) Co. Ltd. 略称MMTh]概要

(1)本社所在地:タイ国 パトゥムターニー県 クロンルアン区 クロンヌン地区 パホンヨーティン通り ムー11, 88
(2)工場所在地:タイ国 チョンブリ県 シラチャ区 トゥンスカラー地区 ラムチャバン工業団地 ムー3, 199
(3)代表者:村橋 庸元 (むらはし のぶゆき)
(4)資本金:70億バーツ
(5)従業員数:約7,400名
(6)設立期日:1987年1月
(7)生産車種:
第1工場: 『トライトン(L200)』『パジェロスポーツ』『ランサーEX』
第2工場: 『トライトン(L200)』『パジェロスポーツ』
第3工場: 『ミラージュ』

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/index.html

*1: G4はGlobal 4-door Sedanの略。グローバルに展開する4ドアセダンの意味。
*2: GRはGrand Runnerの略。先進技術により壮大な大地を力強く走り抜けるという意味。

三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード『Drive@earth』
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp



Source: 三菱自動車工業株式会社Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング