ソフトバンクテレコム、ANAグループに「Google Apps(TM) for Business」を納入

JCN Newswire / 2013年3月6日 16時6分

Tokyo, Mar 6, 2013 - (JCN Newswire) - ソフトバンクテレコム株式会社(以下「ソフトバンクテレコム」)は、法人向けクラウドコンピューティングサービス「ホワイトクラウド」で提供している「Google Apps for Business」(以下「Google Apps」)を、全日本空輸株式会社(以下「ANA」)およびANAグループの全社員向けに約49,000ID納入します。

昨年創立60周年を迎えたANAは、2013年4月の持ち株会社化に向け、業務効率の向上を目指して「ワークスタイルイノベーション」の推進に取り組んでおり、その一環として既存のメールシステムを自社構築からグローバルスタンダードなクラウド型サービスへ刷新することを検討してきました。その結果、大容量のメールシステムやリアルタイムでの文書の共有・編集作業、簡易な意思疎通がすぐに図れる多様なコミュニケーションツールなど、「Google Apps」が持つ豊富な機能の活用が、ANAグループが目指す「ワークスタイルイノベーション」の実現に最適であると判断し、4月から本格的な利用を開始します。

「Google Apps」は、専用のアプリケーション「Google Chrome」を一度インストールするだけで、さまざまな機能を利用できるため、従来のメールソフトのようなバージョン管理の工数が大幅に軽減できるほか、基本的なメールやその他の機能の利用方法は一般的にコンシューマー市場で先行して広く利用されているため、習得が簡単ですぐ利用できるところも今回の導入の大きな要因となりました。

ソフトバンクテレコムは、自ら「Google Apps」のユーザーとして培ってきたノウハウや経験に基づいて策定した移行手順をベースに、設計、構築から導入、運用まで一貫した支援体制で、スムーズなシステムの移行を実現しました。また、日頃の安定的なネットワークの運用実績や、データトラフィックの傾向を細部にわたって分析することで、移行に最適なシステム全体のネットワークサイジングを提案したことも高く評価されました。

ソフトバンクテレコムは、今回納入する「Google Apps」と、ANAグループが既に導入しているiPadや通信ネットワークの活用によるイノベーションサービスの提供を通じて、ANAグループが取り組む構造改革の推進と経営基盤の強化に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.softbanktelecom.co.jp/ja/news/press/2013/20130306_01/

ANAグループが既に導入しているiPad:
http://www.softbanktelecom.co.jp/ja/news/press/2011/20110920_01/

ソフトバンクテレコム株式会社

詳細は www.softbanktelecom.co.jp をご覧ください。



Source: ソフトバンクテレコム株式会社Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング