パナソニック、ベトナムで洗濯機の生産を開始

JCN Newswire / 2013年3月21日 17時11分

ASEAN地域でアプライアンス事業を拡大; R&Dセンターもオープンし、ASEAN地域の中核拠点に

Osaka, Mar 21, 2013 - (JCN Newswire) - パナソニック アプライアンスベトナム有限会社(PAPVN)は、成長するASEAN 市場における事業拡大に向けて、本日、フンイエン省第2 タンロン工業団地で建設を進めていた洗濯機工場とR&D センターの開所式を行いました。

新工場では「ベビーケア」「フレグランス」「ジェントルハンドウォッシュ」といった多彩な洗濯コースがある高機能機種や、節電・節水を無理なく実現するエコナビ機能を搭載した機種などを中心に生産し、50%をベトナム国内市場で販売、残りの50%を他のASEAN 諸国や中近東へ輸出を目論んでいます。またR&D センターは、日本やASEAN 域内の他の生産拠点と連携し、冷蔵庫、洗濯機の完成品やデバイスの開発、設計を行うとともに、将来はASEAN 域内開発拠点の統括機能も果たしてまいります。

PAPVN では2003 年からハノイのタンロン工業団地で、ベトナム国内向け及びASEAN・香港・中近東向けの冷蔵庫の生産を行ってきました。今回の拠点増設により、ASEAN 地域における冷蔵庫・洗濯機事業の中核拠点としてアプライアンス事業の拡大に取り組み、開発人材の育成、現地密着商品の開発・生産を加速し、ベトナムの経済の発展に貢献してまいります。

【新工場・R&D センターの概要】
- 正式名称: Branch of Panasonic Appliances Vietnam Co., Ltd, in Hung Yen
パナソニックアプライアンスベトナム(有)フンイエン支店
- 所在地: Plot G2, Thang Long Industrial Park, Yen My, Hung Yen province
- 敷地面積: 52,000m2

洗濯機工場
- 生産品目: タテ型全自動洗濯機
- 生産能力: 年産 60 万台(2014 年度)
- 従業員数: 約 300 人(2014 年度)
- 量産開始: 2013 年4 月

R&Dセンター
- 業務内容:
ベトナム国内、ASEAN、日本市場向け冷蔵庫、洗濯機及びデバイスの開発、設計及びASEAN 域内開発拠点の統括・支援
- 業務開始: 2013 年3 月

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://panasonic.co.jp/corp/topics.html

パナソニック株式会社

パナソニックは、部品から家庭用電子機器、電化製品、FA 機器、情報通信機器、および住宅関連機器等に至るまでの生産、販売、サービスを行う総合エレクトロニクスメーカーです。

パナソニックは、2018 年の創業100 周年に向けて、エレクトロニクスNo.1 の「環境革新企業」を目指します。全事業活動の基軸に「環境」を置き、世界中の次の世代の人たちのために、全世界で起こりつつある「グリーン革命」を、先頭に立って推進してまいります。

当社に関するさらなる情報は、 http://panasonic.co.jp をご覧下さい。



Source: パナソニック株式会社Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング