トヨタ、新興国向け専用車 新型「ヴィオス」発表

JCN Newswire / 2013年3月25日 20時17分

タイから世界80を超える国々に輸出

Toyota City, Mar 25, 2013 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)のタイにおける車両販売・生産会社であるトヨタ・モーター・タイランド(Toyota Motor Thailand Co., Ltd.、以下、タイトヨタ)は、本日、タイのバンコクモーターショーで、新興国向け専用コンパクトカー「ヴィオス」を世界で初めて披露した。

1997年にヴィオス(当時の車名はソルーナ※)は、タイで生産、販売開始し、同国のコンパクトカー市場で、2003年から10年連続No.1の販売を記録、また、1999年からは同国からアセアン諸国への輸出を開始し7ヶ国で累計約18.7万台を販売するなど、多くのお客様にご愛顧いただいてきた。

今回の新型ヴィオスは、初めて車を購入されるお客様が、車を持つ喜び、楽しさ、快適さを感じていただけるよう「洗練された外観」「クラストップレベルの居住性」「低燃費」を実現した新興国向け専用コンパクトカーである。本年、タイでは約13万台生産し、8万台強をタイで販売、4万台強を輸出する予定。

記者発表会に出席したトヨタの棚田京一常務役員は、「新型ヴィオスは、アセアン諸国のお客様だけでなく、世界中の成長著しい市場のお客様に向けたクルマとなった。今後タイトヨタは、トヨタの生産拠点として、世界中の80を超える国々に新型ヴィオスを輸出していく」と述べた。

今後も、トヨタは「クルマづくりを通じて地域社会に貢献する」という創業以来の理念のもと、タイにおける自動車産業の発展に向け尽力するとともに、世界中のお客様にご満足いただける商品を展開していく。

新型ヴィオス概要

ボディタイプ: セダン
寸法(mm): 全長×全幅×全高:4410×1700×1475
エンジン: 1NZ(1.5Lガソリン)
価格帯(1バーツ=3.25円換算): 55.9-73.4万バーツ(約182-239万円)
生産工場: ゲートウェイ工場(タイ国 チェチェンサオ県)

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www2.toyota.co.jp/jp/news/13/03/nt13_017.html

※ その後、モデルチェンジを機に車名を変え「ソルーナ ヴィオス」を経て、現在の車名「ヴィオス」に至る

トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。



Source: トヨタ自動車株式会社Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング