ホンダ、事故回避支援システム「City-Brake Active System」を含む安全装備を充実させた「Safety Package」(仮称)を設定

JCN Newswire / 2013年3月29日 16時56分

Tokyo, Mar 29, 2013 - (JCN Newswire) - Hondaは、「『ぶつからないクルマ』をより多くのドライバーへ」をコンセプトに、予防安全技術の事故回避支援システム「City-Brake Active System」を開発しました。このシステムを、乗車定員保護技術であるサイドエアバッグやサイドカーテンエアバッグと合わせて、安全装備を充実させた「Safety Package」(仮称)として設定し、今年発売予定の新型「フィット」に適用します。

City-Brake Active Systemは、フロントウインドウ上部に設置したレーザーレーダーが前方車両を認識※し、約30km/h以下で走行中に追突の危険性が高いと判断したとき、ブザーとともにメーター内のインジケーター表示が点滅して警告し、ドライバーが減速しなかった場合には自動的にブレーキがかかり、追突を回避もしくは追突時の衝撃を軽減するシステムです。

また、停止中や約10km/h以下での走行時に、前方約4m以内に障害物がある状況でアクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いなどによって必要以上にアクセルペダルを踏み込んだとシステムが判断した場合、ブザーとともにメーター内のインジケーター表示が点滅し、警告を促すと同時に、エンジン出力を制御して、発進を抑制する誤発進抑制機能も備えています。

Hondaはグローバルスローガンを「Safety for Everyone」と定め、今後も共存安全による「事故ゼロのモビリティー社会」の実現を目指していきます。

※走行状況、天候などにより、レーダーが正しく認識しない場合があります



本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。



Source: 本田技研工業株式会社

Contact:

お客様相談センター
0120-112010(いいふれあいを)
Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング