トヨタ、北京市で渋滞緩和に向けた交通流シミュレータの実証実験実施を決定

JCN Newswire / 2013年4月16日 16時57分

Toyota City, Apr 16, 2013 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)およびトヨタ自動車研究開発センター(中国)有限会社(江蘇省・常熟市)は、北京市交通委員会の支援の下、北京航空航天大学、北京世紀高通科技有限会社の4者共同で、2013年7月より交通流シミュレータ※1を活用した実証実験プロジェクトを実施することに合意した。

実証実験では、「知能ETC端末※2」とスマートフォンアプリを通じて、「経路別の所要時間案内情報の提供」や「空いている高速道路の高速料金割引とその情報提供」等を実施し、混雑している高速道路から空いている別の高速道路※3へ車の誘導を行う。さらには、実証実験で取得したデータに基づき、交通流シミュレータの精度を改善、交通渋滞緩和への有用性の検証を行い、将来的には都市計画サービスとしての活用を目指す。

4者は2011年7月より交通流シミュレータを用い、交通渋滞緩和を目的に、北京市の交通状況を予測する技術の共同研究を行ってきた。今回、この研究成果を基に、実用化に向け、実証実験を実施することにした。

トヨタでは、「クルマづくりを通じて地域社会に貢献する」という創業以来の理念のもと、中国の自動車産業や経済、社会の発展に寄与していくと共に、今後もお客様や社会を豊かにする、「いい町・いい社会」づくりに努めていく。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www2.toyota.co.jp/jp/news/13/04/nt13_0411.html

※1 交通流シミュレータ…(株)豊田中央研究所にて開発した交通流シミュレータソフト「NETSTREAM」
※2 知能ETC端末…PND(車載ポータブルナビ)とETC車載機を一体化した新開発の端末
※3 北京空港と北京市をつなぐ高速道路(京平・京承高速道路)で実施予定

トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。



Source: トヨタ自動車株式会社Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング