トヨタ、クルマの総合サイト「GAZOO.com」を一新

JCN Newswire / 2013年4月26日 13時39分

日本マイクロソフトの次世代プラットフォームを活用し、より便利に

Toyota City, Apr 26, 2013 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ、本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田章男)は、クルマの総合サイトである「GAZOO.com(ガズー・ドット・コム、以下、GAZOO)」を一新し、2013年5月30日より、サービスを開始することを発表した。

トヨタは、「ユーザー参加型クルマポータルサイト」として、トヨタとお客様が直接つながる場としてGAZOOを位置づけ、1998年4月より運用を開始。現在の訪問者数は月間約165万人で、5年前と比べて3倍となっている。

今回のサイト一新にあたっては、ユーザー同士やユーザーとクルマがつながる社会の一層の発展を念頭に、SNSの導入やスマートフォンを活用したドライブ先でのガイド機能の充実、ひとり一人が求める情報を精度よくまとめるパーソナライズ機能や自動車情報の大幅な拡充を図っていく。また、GAZOOの会員制度とトヨタブランド車の情報サイトである「TOYOTA.jp」の会員制度を統合する。さらに新規に導入するSNSについて、FacebookやTwitterサービスの連携を図り、より便利で充実した新しいカーライフスタイルを提案する。

サイト一新にあたっては、日本マイクロソフト株式会社(以下、日本マイクロソフト、本社:東京都港区、代表執行役社長:樋口泰行)のパブリッククラウドサービスWindows Azure の新サービスである「Windows Azure仮想マシン」*1と「SharePoint Server 2013」*2を組み合わせたサイト運営プラットフォームを世界で初めて採用し、ユーザーが求める情報を、より迅速・快適に表示されるようにしている。

トヨタは、2011年4月にマイクロソフトコーポレーション(以下、マイクロソフト、本社:米国ワシントン州、最高経営責任者:スティーブ・バルマー)と「Windows Azure」をベースとしたトヨタの次世代テレマティクス向けグローバルプラットフォームの構築に向けた提携について基本合意し、トヨタの社内グローバルITシステム構築にあたり、協力関係を強化している。今回のサイト一新も本提携に基づくもので、「SharePoint Server 2013」をパブリッククラウドサービス「Windows Azure」上に構築することで、ユーザーの投稿情報やGAZOOを中心としたトヨタのインターネットサービスへクルマのデータなど膨大な情報を、低コストで迅速にマネジメントすることが可能となっている。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www2.toyota.co.jp/jp/news/13/04/nt13_0415.html

*1: マイクロソフトのパブリッククラウドプラットフォーム「Windows Azure」の主要な機能の一つで、仮想化されたサーバーOSをクラウド上で実行する機能
*2: マイクロソフトが提供する情報共有プラットフォーム製品。Webコンテンツ管理機能に加え、数多くのeコマース サイトで使用されているFAST検索エンジンや、SNS機能などをシングルパッケージに統合

トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。



Source: トヨタ自動車株式会社Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング