三菱重工、品川本社ビルのショールームM's Squareに「CSRコーナー」を開設

JCN Newswire / 2013年5月7日 18時18分

“事業と連動したCSR”の浸透を目指す

Tokyo, May 7, 2013 - (JCN Newswire) - 三菱重工業は7日、東京・品川ビル2階にあるショールーム「M's Square(エムズスクエア)」に、CSR活動に関するニュースやトピックスなどを発信する「CSRコーナー」を開設しました。技術や製品展示との相乗効果により、当社の製品が社会的課題の解決に、具体的にはどのようにして貢献しているのかという“事業と連動したCSR”に関する理解の浸透をはかっていくのが狙いです。

CSRコーナーは、40インチの液晶モニターと複数のグラフィックパネルで構成されています。液晶モニターでは「CSRインフォメーション」として、三菱重工グループのCSRに対する基本姿勢や主な活動を紹介。グラフィックパネルでは、当社がCSR行動指針として掲げている「地球との絆」「社会との絆」「次世代への架け橋」というテーマに沿って、それぞれに連動した代表的な事業を取り上げています。

具体的には、CSRインフォメーションでまず、三菱の130年余にわたる歴史の中で引き継がれてきた経営の基本理念である「三綱領」や社是など、当社のCSR行動指針につながる考え方について解説。続いて、エネルギー・環境関連の製品・技術、震災復興支援の取り組みのほか、多くの子どもたちに科学やものづくりの素晴らしさを伝える目的で、各地で開催している出前授業「理科教室」などを紹介しています。

グラフィックパネルでは、「CSRレポート2012」の特集記事をもとに「地球との絆」として中国やインドでの高効率発電プロジェクトを通じたエネルギー・環境ソリューション事業を紹介しています。「社会との絆」としては、インドネシアの食糧自給に貢献する大規模肥料プラントの建設プロジェクトなどを解説。そして、「次世代への架け橋」では、日本やスペインにおけるスマートコミュニティ実証事業について取り上げています。

M's Squareでは、三菱重工グループがエネルギー・環境や航空宇宙など、幅広い事業において提供する技術や製品、活動について、実機や模型、映像などによりわかりやすく紹介しています。今回のCSRコーナー開設で、それら技術や製品がいかにして社会的課題の解決につながっていくかの道筋をより明確に示せるようになりました。

当社は今後、CSRコーナーの展示内容を定期的に見直しながら、当社のCSRについての広い理解促進に力を注いでいきます。

▽ M's Square
所在地: 〒108-8215東京都港区港南2-16-5 三菱重工ビル2階
アクセス: JRまたは京浜急行・品川駅港南口より徒歩5分
開場時間: 午前9時30分~午後6時(当社営業日)
閉場: 土・日曜日、祝日、年末年始および特定日
ウェブサイト: http://www.mhi.co.jp/discover/mssquare/
入場料: 無料

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mhi.co.jp/news/story/1305075357.html

三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。



Source: 三菱重工業株式会社Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング