第49回米国臨床腫瘍学会年次総会でエーザイのがん領域の開発品・製品に関する最新試験データを発表

JCN Newswire / 2013年5月17日 13時51分

Tokyo, May 17, 2013 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)は、2013年5月31日から6月4日まで米国シカゴで開催される「第49回米国臨床腫瘍学会(American Society of Clinical Oncology:ASCO)年次総会」において、当社が創製したハラヴェン(R)(一般名:エリブリンメシル酸塩、非タキサン系微小管ダイナミクス阻害剤)およびレンバチニブ(一般名、VEGF受容体チロシンキナーゼ阻害剤/マルチキナーゼ阻害剤)に関する最新試験データを発表しますので、お知らせします。

今回のASCOでは、局所進行・転移性乳がんの患者様1,102人を対象として実施した、エリブリンとカペシタビンとの比較対照試験(301試験)の層別解析ならびにQOL(クオリティー・オブ・ライフ)の検討結果、また、レンバチニブの子宮内膜がんならびにメラノーマの患者様を対象とした臨床第II相試験の結果に関する発表が予定されています。

当社は、がん関連領域を重要なフランチャイズ領域と位置づけており、最先端のがん研究から革新的な創薬を行い、がん患者様とそのご家族、さらには医療従事者の多様なニーズの充足とベネフィット向上に、より一層貢献してまいります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.eisai.co.jp/news/news201329.html

エーザイ株式会社

エーザイ株式会社は、研究開発型のヒューマン・ヘルスケア(hhc)企業で、グローバルに研究・製品の開発・販売活動を行っている。エーザイは、神経・精神領域を含むインテグレーティブ・ニューロサイエンス、がん治療と支持療法を含むインテグレーティブ・オンコロジー、血管・免疫反応領域の3つの治療領域に活動を集中し、世界各地にある研究、生産、販売拠点を通じて、世界の患者様に貢献している。エーザイ株式会社の詳細情報は www.eisai.co.jp をご覧ください。



Source: エーザイ株式会社Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング