三菱重工と三菱商事、シンガポールの新交通システム輸送力増強工事を受注

JCN Newswire / 2013年5月22日 17時20分

センカン・プンゴル両線の2両連結化プロジェクト

Tokyo, May 22, 2013 - (JCN Newswire) - 三菱重工業は、三菱商事株式会社と共同で、シンガポールの北東部にある新興住宅地のセンカンおよびプンゴル両地区を走る新交通システムの輸送力増強工事を、同国陸上交通局(LTA:Land Transport Authority)から受注しました。ゴムタイヤ式全自動運転車両(APM:Automated People Mover)の2両連結化を中心に設備増強を行うもので、受注金額は約120億円です。工事完了は2016年を予定しています。

受注したのは、2両連結運行が可能な新車両16両の納入と、既存車両41両のうち16両の改造、および変電設備の電力容量増強と信号設備の位置や運転制御システムの変更などです。当社は、新車両の製造、車両・信号や電力設備などの改造に向けた設計、機器供給、据付工事および試運転を担当します。

改造工事および試運転は、新交通システムの営業時間外に実施。完了後は、現在の1両だけの運行から、2両連結運行を交えたオペレーションが可能となり、乗客の時間帯別増減に一層柔軟に対応できるようになります。

シンガポールのセンカン線およびプンゴル線は、地下鉄北東線の2駅と住宅地を結ぶ路線長約22kmの支線です。当社が開発した海外都市交通向けAPM(クリスタルムーバー)の初号プロジェクト案件で、当社と三菱商事が1998年に受注。2003年に開業しました。

通勤・通学の足として広く利用されてきましたが、近年、乗客数が増えたことから輸送力増強の必要に迫られていました。今回の案件受注は、両線開業以来の安定した運行実績やアフターサービス対応などが高く評価されたことによるものです。

APMは、完全自動運行システムで無人走行し、ゴムタイヤ走行方式を採用するため、運行が滑らかで騒音が低いという特長を持っています。当社は両線のほか、米国、香港、シンガポール、韓国、ドバイの空港向けに納入実績があり、2010年には東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)向けに新造車両108両を受注し、2011年にはマカオ向けに車両110両など軌道系交通システム(LRT:Light Rail Transit)一式を受注するなど、世界市場でトップを争うポジションにあります。

現在、アジア地域のみならず世界各地で既存路線の改造や輸送力増強が計画されています。当社は今後、新規路線だけでなく既存路線の改造・輸送力増強工事を含め、さらに積極的な受注拡大に力を注いでいきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mhi.co.jp/news/story/1305225364.html

三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。



Source: 三菱重工業株式会社Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング