エーザイ、業績連動型株式報酬制度の導入に伴う第三者割当による自己株式処分完了に関するお知らせ

JCN Newswire / 2013年5月30日 17時48分

Tokyo, May 30, 2013 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)は、平成25年5月13日開催の取締役会において決議しました、三菱UFJ信託銀行株式会社(役員報酬BIP信託口)を処分先とする第三者割当による自己株式処分に関し、本日払込手続きが完了しましたので、下記のとおりお知らせします。

第三者割当による自己株式処分の概要

(1)処分株式の種類及び数: 当社普通株式 105,400株
(2)処分価額: 1株につき4,535円
(3)処分価額の総額: 477,989,000円
(4)処分方法: 第三者割当による処分
(5)処分先: 三菱UFJ信託銀行株式会社(役員報酬BIP信託口)
(6)払込期日: 平成25年5月30日
(7)処分後の自己株式数: 11,365,497株

(注)上記処分後の自己株式数については、平成25年3月31日現在の自己株式を基準としております。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.eisai.co.jp/news/news201332.html

エーザイ株式会社

エーザイ株式会社は、研究開発型のヒューマン・ヘルスケア(hhc)企業で、グローバルに研究・製品の開発・販売活動を行っている。エーザイは、神経・精神領域を含むインテグレーティブ・ニューロサイエンス、がん治療と支持療法を含むインテグレーティブ・オンコロジー、血管・免疫反応領域の3つの治療領域に活動を集中し、世界各地にある研究、生産、販売拠点を通じて、世界の患者様に貢献している。エーザイ株式会社の詳細情報は www.eisai.co.jp をご覧ください。



Source: エーザイ株式会社Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング