日本初、3カ国語対応コモディティ取引専用iPhone/iPadアプリ「iFormula」を提供開始

JCN Newswire / 2013年6月3日 10時9分

国内・海外商品51銘柄の同時取引が実現

Tokyo, June 3, 2013 - (JCN Newswire) - ドットコモディティ株式会社(東京都渋谷区恵比寿1-21-8、代表取締役社長 舟田仁)は、3カ国語(日本語・英語・中国語)対応のコモディティ取引専用iPhone/iPadアプリ、「iFormula」の提供を開始いたします。まず、日本語版を2013年6月3日(月)より、英語版と中国語版を2013年6月中旬(予定)より順次開始いたします。

「iFormula」では、多言語対応に加えて、従来のFormulaモバイルにはなかった便利な機能を多数搭載いたしました。主な新規機能および特長は以下のとおりです。

1. 国内外の51銘柄を同時に取引可能(図1参照)
一度ログインするだけで、国内商品として東京商品取引所(TOCOM)17銘柄、海外商品としてシカゴマーカンタイル取引所(CME)21銘柄、インターコンチネンタル取引所(ICE)8銘柄、シンガポール取引所(SGX)5銘柄の合計51銘柄を同時にお取引いただけます。

2. 板画面から即時発注が可能(図2参照)
板画面に表示された板情報のセルをタップするだけで注文入力が完了し、即時発注が可能となります。

3. リアルタイム更新のチャート機能が充実(図3参照)
移動平均線をはじめ、RSIやMACD、一目均衡表など、9種類のテクニカル分析ができるリアルタイム更新のチャート機能をご利用いただけます。

その他、「iFormula」の主な機能:
1. 新規注文と同時に決済注文を発注するIF-DONE注文機能を搭載
2. 新規注文と同時に利食い注文と損切り注文の両方を発注するIFD-OCO注文機能を搭載
3. チャートは1タップでTICK・分足・日足・週足・月足へ描画切替えが可能
4. 指定した価格への到達をお知らせする価格通知メール機能を搭載
5. 国内取引口座と海外取引口座、双方への資金振替機能を搭載
6. 円とドル、双方への通貨両替機能を搭載

詳細は以下をご参照ください。
http://www.commodity.co.jp/tool/iformula.html
(スマートフォン専用ページ)
http://www.commodity.co.jp/sp/tool/iformula.html

スマートフォンの急速な浸透に伴い、お客様へのコンタクトポイントの拡大、また取引環境充実のため、このたび「iFormula」の開発、提供開始に至りました。ドットコモディティは、今後もサービスの拡充・機能改善を通じて、個人投資家の皆さま方の利便性の向上に努めてまいります。

プレスリリース: http://www.acnnewswire.com/clientreports/598/0603.pdf

<商品先物取引法に係る表示>
社名:ドットコモディティ株式会社 URL http://www.commodity.co.jp/
金融商品仲介業者 関東財務局長(金仲)第594号
商品先物取引業者 農林水産省令22総合第1351号/経済産業省平成22・12・22商第6号
所在地:東京都渋谷区恵比寿1-21-8 セラ51ビル6F
資本金:18 億9,999 万円
設立 :2004年12月1日
加入協会:日本商品先物取引協会
指定紛争解決機関:日本商品先物取引協会相談センター
※金融商品仲介業に係る紛争等に関しては、「特定非営利活動法人証券・金融商品あっせん相談センター 」となります。

事業内容:
1.商品先物取引法に基づく、商品デリバティブ取引およびそれに付随する業務
2.金融商品取引法に基づく、金融商品仲介業務およびそれに付随する業務
3.システム提供サービス及び上記1、2に付随するサービス提供業務

<手数料及びリスク情報について>
ドットコモディティで取扱っている商品(株価指数先物・オプション取引、商品先物取引、海外商品先物取引、商品CFD取引)は、証拠金を預託することにより少額の資金でその数倍~数十倍の金額の取引を行うことが可能なレバレッジ商品です。このレバレッジ効果のため、相場の変動により預託した証拠金を上回る損失が生じる可能性があります。相場の変動により、追加で証拠金を預託する必要が生じる可能性があります。各商品への投資に際して、ご負担いただく手数料等及びリスクの詳細等は商品毎に異なりますので、詳細につきましては当社WEB サイトの当該商品等のページ及び契約締結前交付書面等をご確認ください。お取引に際しましては契約締結前交付書面等をお読みになり、リスクや取引の仕組み等を十分にご理解いただき、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い致します。

<免責事項>
当プレスリリースは、当社の属する業界、業務、予定や目標、財務状況や業績についての将来見通しに関する記述を含んでいます。これらの将来見通しは、リリースされた時点における当社の期待、想定、見込み、予測などに基づくものですが、様々なリスクや不確実性を含む可能性があります。実際の業績は、不確実性やその他のさまざまな要素により、将来見通しに関する記述に含まれ、示唆された業績の見通しとは大きく異なる結果となりえます。当社は、当社の期待、予測、見込み、または将来見通しに関する記述に記された情報が達成されることを保証しません。また、当社は将来見通しに関する記述を最新のものに更新する義務を負いません。このプレスリリースは投資勧誘を目的としたものではありません。

<本件に関するお問い合わせ先>
ドットコモディティ株式会社 広報担当:江里口
TEL:03-5447-3022 / FAX:03-5447-3026
E-mail: info@commodity.co.jp

ドットコモディティ株式会社





Source: ドットコモディティ株式会社Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング