Cortina、ODM/OEMによるTime-to-Marketを可能にする新しいユニバーサルPONプラットフォームを発表

JCN Newswire / 2013年6月4日 10時32分

ODM/OEMが市場ニーズに対応してカスタマイズできるソリューションを実現する拡張機能を備えたEPON/GPONターンキープラットフォーム

SUNNYVALE, CA, June 4, 2013 - (JCN Newswire) - 全世界の人々とネットワークをつなぐ革新的技術を提供する企業、Cortina Systems, Inc. (Cortina(R))は、現実世界のEPON/GPON ONU展開のためのユニバーサルターンキープラットフォームの発売を本日発表しました。このソリューションは、ターンキーOAM/OMCIおよびTR069スタック向けのロイヤルティフリーなソースコードで、ODM/OEMカスタマイゼ―ション用のオープンCPUプラットフォームの、Cortina Systems(R) CS8232 Dual-mode EPON/GPON ONU System-on-a-Chip (SoC)を使って、最適化されたリファレンスボードで構成されています。ODM/OEMは、現場実績のあるソリューションを短期間で開発可能となり、また、特定のキャリア要件に対応して製品を拡張しカスタマイズする柔軟性も持ちます。

「中国のFTTH市場は、EPONとGPONに分かれています。お客様は、簡単にEPON/GPONモデルに構成でき、すぐに使えるキャリア対応の実績あるONUソリューションを常に求めています。」と、Hisenseブロードバンドアクセス事業部本部長兼CTOのDavid Liは述べました。「Cortina CS8232ターンキープラットフォームにより、弊社は短期間で包括的なソリューションを提供することができます。」

「FTTHが世界的に拡大し続けていることから、さまざまな展開要件に対応する機能を持つ実績の豊富なONUソリューションへの需要は常にあります。」と、Cortina Systemsシニア製品ライン管理者のLup Ngはコメントしました。「EPONとGPONをCortina CS8232 SoCに組み込み、ハードウェアとソフトウェアの揃ったユニバーサルなターンキーソリューションを提供することによって、Cortinaはシステムベンダのお客様とODMパートナーが必要な時に必要な機能をそなえた製品を、わずかな先行投資とリスクで市場に送ることができるようにします。」

CS8232:デュアルモードEPON/GPON ONUターンキーソリューション

Cortina CS8232 Dual Mode EPON/GPON ONUの柔軟なアーキテクチャは、フル機能Home Gateway Unit (HGU)またはコスト効果の高いデータONUとして構成できますので、システムベンダはひとつのソリューションを設計するだけで全市場に対応して、リソースを最大化できます。Cortinaのターンキーソフトウェアによりお客様は、わずかな研究開発投資と技術リスクで、現場実績のあるソリューションを市場に投入することができます。お客様はまたCortina OMCIとTR-069スタックのソースコードを利用できるようになりましたので、キャリア要件が変わった時に任意で必要な修正や更新を行うことができます。

Cortinaターンキーソリューションでは、短期間で市場に受け入れられるように、大手ベンダすべての商用利用可能なOLT設備に対して、厳密なキャリアテストと相互運用テストを実施しました。特にスタックは、中国電信、中国総合通信、中国移動通信などの各種GPON仕様に適合しています。Single Family Units (SFU)向けの単一ポートONUや、単一チャネルVoice over IP (VoIP)向け単一ポートSFU、二重ポートHome Gateway Unit (HGU) with VoIPなどの、一般的なONU構成をサポートしています。これらの構成は、EPONまたはGPONモードが利用可能です。

ターンキーソフトウェアパッケージには、ITU-T G.988およびITU-T G.984対応OMCIスタック、IEEE 802.3ahおよびIEEE 802.3av対応OAMスタック、各種キャリア向けOMCI/OAM拡張などが含まれています。他の特徴として、PONとUNIインターフェース構成、フォワーディングエンジン、および二重VLANタグ操作、ディープパケットクラシフィケーションと加入者QoS (Quality-of-Service)管理、マルチキャスト(IGMP/MLD)スヌーピング、Command Line Interface (CLI)、リモート画像アップグレード、すぐに使える管理インターフェースをサポートしています。

入手方法
Cortina CS8232デバイスは本格生産段階で、包括的なターンキーソリューションが利用可能です。

Cortina Systemsについて

Cortina Systems, Inc.は、コアネットワークからホームネットワークへの次世代ネットワーク接続および効率的な回線容量提供を可能にする高性能通信半導体ソリューションの大手プロバイダです。弊社の幅広い製品ラインアップには、次世代光伝送およびPON (passive optical network)システム向けのキャリアクラス半導体デバイスや、データセンタ接続およびデジタルホームソリューションがあります。さらに詳しい情報については、 www.cortina-systems.com をご覧ください。

お問合せ情報

お問い合わせ先:
Barbara Kolbl
Cortina Systems, Inc.
+1-916-293-0787
携帯電話: +1-408-594-9744
Barbara.Kolbl@cortina-systems.com

Cortina Systems, Inc.





Source: Cortina Systems, Inc.Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング