アステラス製薬:企業CM「僕は、アステラスのくすり。」シリーズが第50回ギャラクシー賞を受賞

JCN Newswire / 2013年6月4日 17時10分

Tokyo, June 4, 2013 - (JCN Newswire) - アステラス製薬株式会社(本社:東京、社長:畑中 好彦、以下「アステラス製薬」)は、企業CM「僕は、アステラスのくすり。」シリーズが、第50 回ギャラクシー賞CM 部門選奨を受賞しましたので、お知らせします。アステラス製薬が、企業CM において賞を受賞するのは初めてのことです。

●ギャラクシー賞について

ギャラクシー賞は、1963 年に放送批評懇談会によって創設され、文化に貢献した優秀な番組・個人・団体に贈られる国内有数の賞で、年に一度「テレビ」「ラジオ」「CM」「報道活動」の4部門で審査されます。

審査は放送批評懇談会会員から選ばれた選奨事業委員会が担当します。賞の決定を第三者に委託する顕彰制度が多いなか、ギャラクシー賞は、放送批評懇談会の会員が一貫して審査にあたり、賞の独立性を維持し続け、作品性のみに寄りかからず、時代感覚を取り入れた視点で作品を選出しています。CM 部門は1 年間に放映された作品から大賞1 本、優秀賞2 本、選奨10 本が選ばれます。

●アステラス製薬のブランドコミュニケーションおよび受賞した企業CM について

アステラス製薬は、2007 年より、「明日は変えられる。」のコミュニケーションスローガンのもと、アンメットメディカルニーズを満たす新薬で、世界中の患者さんの健康に貢献していくという、アステラス製薬の企業姿勢を発信していくブランドコミュニケーションを展開しています。2011 年度から展開している企業CM「僕は、アステラスのくすり。」シリーズは、これまで企業広告で発信してきた創薬への想いをより深く感じてもらえるよう、アステラス製薬のくすり(医療用医薬品)自身が主人公(「僕」)となり、一人称の言葉で語っています。くすり自身のこと、アステラス製薬のこと、医療関係者のこと、社員のこと、研究のこと、患者さんのこと、患者さんの家族のことを、くすりの視点から表現し、共感性の高いCM を目指しています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.astellas.com/jp/corporate/news/detail/cm-50.html

アステラス製薬株式会社

詳細は www.astellas.com/jp をご覧ください。



Source: アステラス製薬株式会社Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング