パナソニック、テスラの EV「モデルS」へのリチウムイオン電池セル出荷1億個を達成

JCN Newswire / 2013年6月12日 17時28分

パナソニック独自の高容量セルを搭載

Osaka, June 12, 2013 - (JCN Newswire) - パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社(代表者 山田 喜彦)は、2013 年6 月で、テスラモーターズ(会長兼CEO イーロン・マスク 以下、テスラ)の高級EV セダン「モデルS」向けリチウムイオン電池セルの累計出荷1 億個を達成します。「モデルS」は2012 年から米国で納車が開始され、斬新で高級感溢れるデザインと長い航続距離等の高いパフォーマンスが評価され、本年20,000 台以上の販売が見込まれています。

パナソニックでは、地球環境保護への意識の高まりを背景に、今後急速に拡大することが予測される環境対応車用二次電池の開発ならびに事業を強化しています。テスラには、高級スポーツ車「ロードスター」を皮切りに、現在は「モデルS」向けの電池セルを供給しており、EV 用の次世代リチウムイオン電池セルの共同開発を進めるなど、これまで複数年にわたり協力関係を築いてきました。

「モデルS」に搭載されているセルは、当社独自技術による業界トップクラス※1 の高エネルギー密度と性能をベースに、電気自動車用途に求められる品質、寿命に最適化した設計としています。これらの電池セルは、テスラによってバッテリーパックに仕上げられ、「モデルS」の500km※2 という圧倒的な航続距離の実現に貢献しています。

パナソニックでは、今後も更なる高性能電池の開発・商品化を加速し、グローバルでの環境対応車用電池事業の拡大に取り組んでまいります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://panasonic.co.jp/corp/topics.html

※1 18650 サイズの円筒形リチウムイオン電池セルにおいて。
※2 テスラの85kWh バッテリー使用時。

パナソニック株式会社

パナソニックは、部品から家庭用電子機器、電化製品、FA 機器、情報通信機器、および住宅関連機器等に至るまでの生産、販売、サービスを行う総合エレクトロニクスメーカーです。

パナソニックは、2018 年の創業100 周年に向けて、エレクトロニクスNo.1 の「環境革新企業」を目指します。全事業活動の基軸に「環境」を置き、世界中の次の世代の人たちのために、全世界で起こりつつある「グリーン革命」を、先頭に立って推進してまいります。

当社に関するさらなる情報は、 http://panasonic.co.jp をご覧下さい。



Source: パナソニック株式会社Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング