COMACおよびBombardier、長期コラボレーションのフェーズIIの戦略的最終的合意に署名

JCN Newswire / 2013年6月18日 12時30分

PARIS, FRANCE, June 18, 2013 - (JCN Newswire) - 2012年3月21日に署名したC919とCSeries航空機に共通のプログラムをカバーする最終的合意(DA)と、2012年11月13日に署名した戦略的コラボレーションのフェーズII開始を告げるLOI (関心表明書)に加えて、Bombardierと中国商用飛機有限責任公司(COMAC)は4つの特徴的プロジェクトのDAに署名したことを発表します。このDAは、C919とCSeries 旅客機に共通な事項を活用するための、両社の長期的コラボレーションの第2段階の一部として実行されます。

4つの施策でCOMACとBombardierは、次のことで協業します。1) 非飛行作業に関連するCSeries 航空機飛行試験作業の特殊分野。2) フェーズIの一環として達成された共通アイテムの実装と整備。3) 販売およびマーケティング。4) 研修、技術資料、部品流通などに関する顧客サービスの特定分野。

COMACとBombardierの協力の第2段階では、C919とCSeries 航空機プログラムだけでなく、COMACとBombardierのビジネス全体の包括性が拡大すると期待されており、C919とCSeries商用旅客機のお客様が両航空機ファミリーの運航からコスト利益を引き出すことができる一方で、両社のコスト削減と市場シェアの最大化に役立ちます。

COMACについて

COMACは、2008年5月に創立され、本社は上海にあります。同社は、中国の貨物専用輸送機およびリージョナル航空機プログラムの実装分野の、主力企業です。また、中国の民間航空機産業化の実現という使命もあります。COMACは航空機統合に参画している民間航空機OEMで、民間航空機の研究、製造、テスト、試験飛行や、民間航空機の販売・サービス、リース、運航などを行っています。COMACは、お客様と乗客の皆様に、安全、経済的、快適、環境にやさしいなどの特長のある最新の民間航空機を提供することに、尽力しています。ニュースおよび情報は www.comac.cc にあります。

Bombardierについて

Bombardierは、航空機と列車を扱う世界で唯一のメーカーです。Bombardierは、現在のサービス提供をしながら未来を見つめ、どんな場所でも効率的で持続可能で、楽しい交通を求めるニーズに応えることで、全世界の移動手段を進化させています。弊社は車両・航空機やサービス、そしてとりわけ従業員により、世界の交通をリードしています。

Bombardierの本社は、カナダ、モントリオールにあります。弊社の株はトロント証券取引所(BBD)で取引されており、Dow Jones Sustainability Worldと北米インデックスにも上場しています。2012年12月31日締め会計年度の売上高は、168億米ドルでした。ニュースと情報は www.bombardier.com からご覧いただくか、Twitter @Bombardierをフォローしてください。

編集者向け注記

Bombardier Aerospace社からの最新ニュースと情報はTwitterで @Bombardier_Aeroをフォローしてください。
国際パリ航空ショーでの今後のイベントについては、Bombardierの専用ウェブサイト( http://airshows.bombardier.com )をご覧ください。
Bombardier、CSeries およびThe Evolution of Mobility は、Bombardier Inc.とその子会社の商標です。
C919はCommercial Aircraft Corporation of China Ltd.の登録商標です。

お問い合わせ先
Bombardier Commercial Aircraft
Marc Duchesne
+1-514-465-7834

Bombardier Aerospace
Haley Dunne
+1-514-855-7989
www.bombardier.com

中国商用飛機有限責任公司(COMAC)
Cheng Fujiang
+86-21-3858-8619
www.comac.cc

Bombardier





Source: BombardierCopyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング