マクドナルド、ベトナムの開発ライセンシーを発表

JCN Newswire / 2013年7月17日 12時8分

マクドナルド一号店がホーチミン市に開店

OAK BROOK, IL, July 17, 2013 - (JCN Newswire) - マクドナルド社 (NYSE: MCD)は、Good Day Hospitality設立者のベトナム人実業家Henry Nguyenを、ベトナムでブランド構築をする開発ライセンシーに選定したことを本日発表しました。

「アジア地域で弊社のプレゼンスを成長していくにあたり、力強いビジネス感覚とブランドの独自理解を併せ持ったパートナーを探していました。」と、マクドナルド社アジア太平洋中東アフリカ地域社長のDave Hoffmannは述べました。「Henry Nguyenはそのような理想的なビジネスパートナーで、印象的なビジネス経歴と、ベトナムで新規ビジネスベンチャーを推進してきた実績があります。」

マクドナルド一号店は、2014年初頭にホーチミン市に開店する予定です。メニューには、ビックマックやチーズバーガーからマックフライポテトまで、世界の皆が知っているマックならではのフードがそろう予定です。

「マクドナルド社は世界中の人々に愛されているブランドですので、アジアで38番目の国となるベトナムで開店し、マクドナルドの質の高いフード、すぐれたサービス、コンテンポラリーなデザインを体験していただくことを楽しみにしています。」と、McDonald's Corporation会長兼最高経営責任者のDon Thompsonは述べました。「お客様のニーズへの対応に注力し、ひとりひとりのお客様の期待を超えるように頑張ります。」

Nguyenとの開発ライセンシー契約は、昨年から開始された厳正な選定プロセスの結果です。Nguyenは米国で若い学生だったころにマクドナルドのパートタイムスタッフとして働きながら培ったブランドへの情熱を、熱く語りました。

「私は生涯を通じてマクドナルドの熱烈なファンで、私がティーンエージャーだったころの最初の仕事など、マクドナルドでは本当に多くのすばらしい経験をしてきました。10年以上前にベトナムに帰国して以来、いつか母国でマクドナルドの店をオープンしたいと夢見てきました。」と、Nguyenは述べました。「私は一年以上にわたってマクドナルドとコンタクトを取り、この国にある機会について情報を共有してきました。

ホーチミン市に第一号店を開くために、勤勉に働くスタッフチームの一員となれたことを誇りに思っています。国内チームは記念すべき開店日に向けて、当初のマネージャーとスタッフの採用と研修を行っています。」

ベトナムは、マクドナルドの開発ライセンシー(DL)構造が展開されている世界の65以上の市場のひとつです。開発ライセンスモデルは、マクドナルドがブランド成長のために過去30年以上全世界で使ってきたフランチャイズ形式です。

マクドナルドについて

マクドナルド社は、34,500店以上のレストランを展開している大手グローバル・フードサービス販売会社で、100か国以上で毎日6900万人以上のお客様にサービスを行っています。世界各国にあるマクドナルド社のレストランの約80%は、独立した地元の人々により所有・運営されています。マクドナルドについて詳しくは、 www.aboutmcdonalds.com をご覧いただくか、Facebook ( http://www.facebook.com/mcdonaldscorp )およびTwitter ( http://twitter.com/McDonaldsCorp )をフォローしてください。

メディア:
Liam Jeory
+1-852-2821-8178
マクドナルド社アジア太平洋中東アフリカ地域
liam.jeory@hk.mcd.com

Becca Hary
+1-630-623-7293
マクドナルド社グローバル社外広報
becca.hary@us.mcd.com

McDonald





Source: McDonaldCopyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング