ホンダ、第21回インドネシア国際モーターショーでアジア市場向け新型マルチパーパスビークルプロトタイプを初公開

JCN Newswire / 2013年7月19日 17時36分

Tokyo, July 19, 2013 - (JCN Newswire) - Hondaのインドネシアにおける四輪車生産販売合弁会社であるピー・ティ・ホンダプロスペクトモーター(本社:ジャカルタ 社長:内田 知樹)は、2013年7月18日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

<ご参考>

Hondaのインドネシアにおける四輪車生産販売合弁会社であるピー・ティ・ホンダプロスペクトモーター(以下HPM)は、インドネシア・ジャカルタで本年9月19日(木)から29日(日)まで開催される「第21回インドネシア国際モーターショー」で初公開する、新型マルチパーパスビークル(多目的車)プロトタイプのスケッチを発表しました。

このモデルは、インドネシア国内で最も販売台数の多いマルチパーパスビークルカテゴリーにおいて、Hondaが開発した最初のモデルとなります。乗車定員7名分の室内空間を確保しながら、斬新なデザインと高い安全性能を兼ね備えています。エンジンは1.5Lガソリンエンジンを搭載予定で、高い走行性能と低燃費を両立しています。

ピー・ティ・ホンダプロスペクトモーター社長 内田 知樹のコメント

「このモデルは、インドネシア国内の道路環境やお客様のニーズに基づき、Hondaがインドネシアマルチパーパスビークル市場向けに開発した最初のモデルです。開発はインドネシアとタイの研究所で行い、2014年初頭に稼働するインドネシア・カラワン地区のHPM第二工場で生産します。同工場で生産する最初のモデルとなるこの新型車は、HPMにとって非常に重要な製品であると位置付けています」

本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。



Source: 本田技研工業株式会社

Contact:

お客様相談センター
0120-112010(いいふれあいを)


Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング